覚えてください。まずは、あなたの大切な人のために―

本サイトは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会より東京2020応援プログラムの認証を受けています。

日本医師会 救急蘇生法

MENU

8.6分の間に、できること。
命をつなぐリレーに参加してください。

救急車の平均到着時間は8.6分といわれています。心停止から1分ごとに、救命率は7~10%下がります。その間に、あなたに出来ることがあります。
一般市民の方による迅速な救急通報、迅速な救急蘇生(心肺蘇生や気道異物除去等)は、救急隊や医療機関での処置と比べて、心停止患者の救命、社会復帰に、より大きく貢献するといわれています。
自分の大切な家族、友人、そして隣人が突然倒れたとき、勇気を持って覚えていることを実施してあげてください。
※平成27年度版 救急救助の現況より

救急蘇生法

本サイトは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会より東京2020応援プログラムの認証を受けています。

スマホ・携帯電話に救急蘇生法を登録!いざというときのために、心肺蘇生法が持ち歩けます。
スマホ・携帯電話に救急蘇生法を登録!いざというときのために、心肺蘇生法が持ち歩けます。

関連情報

日本医師会の制作物

2018年の救急の日ポスターが完成しました。

ポスター

関連情報リンク集

更新情報

  • 2018年8月1日
    「日本医師会の制作物」の「救急の日」ポスター・CABDカードを更新

※本ホームページはリンクフリーとなっておりますが、ご一報いただければ幸いです。
お問い合わせ

Copyright © Japan Medical Association All rights reserved.
このページの先頭へ