10年目のカルテ

皮膚症状も診られる
地域医療の担い手を育てていきたい

【皮膚科】飯沼 晋医師
(旭川医科大学 皮膚科学講座)-(前編)

皮膚科医がまず学ぶこと

高橋先生

――先生は学生時代から皮膚科医を目指し、臨床研修でも大学病院を選んで、皮膚科をメインに回られたそうですね。皮膚科のトレーニングは、どんなところから始まるのですか?

飯沼(以下、飯):皮膚科は、外科的な側面と内科的な側面を併せ持つ科で、どちらも少しずつ学んでいくことになります。外科的なところですと、まずは皮膚生検に始まり、良性の小さな腫瘍を取ったり、メラノーマなど悪性腫瘍の手術に助手として入って、手技を学びます。内科的なところでは、皮膚に使用する様々な外用薬の使用方法を学び、重症患者に対するステロイドの使い方や、副作用への対応などを身につけます。

――大学病院と市中病院とでは、診る症例も異なってくるのでしょうか?

:そうですね、ずいぶん異なります。大学病院では自己免疫性の水疱症・薬疹・悪性腫瘍などといった重症患者を診るのに対し、市中病院では褥瘡や蜂窩織炎・帯状疱疹などの一般的な疾患を診ることが多いです。一般的な疾患を中心に経験を積みたい人は、長期間市中病院に出ることもあります。

 

(クリックで拡大) 1week
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら