10年目のカルテ

QOLに直結する患者さんの
“Quality of Vision”を守り、向上させる

【眼科】浪口 孝治医師
(愛媛大学医学部 眼科学教室)-(前編)

Quality of Vision

浪口先生

――先生のご専門と現在のお仕事について教えてください。

浪口(以下、浪):現在私は、大学病院で緑内障を主に診ています。緑内障を専門とする勤務医は県内では数少ないので、難しい手術が必要な緑内障の患者さんは大学病院に集中することになります。

若い方々には想像できないかもしれませんが、緑内障は今や日本における失明原因の第1位です。自覚症状に乏しく、気がついた時には深刻な状態になっていることも多いので、早期発見・早期治療を促す公衆衛生的な関わりも重要です。日本緑内障学会では、「緑内障週間」に建物を緑色にライトアップするなど、啓発活動にも力を入れているんですよ。

人間にとって眼から得る情報は、非常に大きなウェイトを占めており、重大な視力低下や視野狭窄は、QOLを著しく低下させます。私たちはよくQOLをもじってQOV(Quality of Vision)というのですが、眼科では手術によって患者さんのQOV、そしてQOLが劇的に向上することも多い。手術前は車椅子を使っていた患者さんが、手術後に自分の足で帰っていったり、次にお会いした時にお化粧をしていらしたりする姿を見ると、すごく嬉しいですね。

(クリックで拡大) 1week

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら