医師のみなさまへ

日本医師会入会のご案内

安心して医療活動に専念していただくために
医師のみなさまをバックアップします。

来年4月から勤務医と研修医の

会費が引き下げられます!

日本医師会に入会するメリット

医事紛争の解決に向けて支援します。
医師を引退した後や病気療養時など万が一の備えができます。

  • もしもの時のために医師の賠償責任保険を設けています。万一のとき3者が協力バックアップ 日本医師会 都道府県医師会 保険会社

    万一、医療事故が発生したときの保険として「日本医師会医師賠償責任保険」があります。これは、会員の医療事故によって紛争が起きた場合、賠償と紛争の解決を本会、都道府県医師会、保険会社の3者がバックアップする制度です。

    日本医師会医師賠償責任保険制度について

  • 将来の生活を考えて医師年金制度を用意しています。家族のためにもなるなぁ!

    老後の生活の安定を目的として、会員の医師年金制度を設けています。
    65歳から受給が開始される15年保証の終身を基本とした医師のための年金で、現在4万人以上の会員が加入しています。

    日本医師会医師年金について

進歩を続ける医療の現状を
学んでいただくためのサポート

  • 各都道府県で、講習会や研修会を開催しています各都道府県で、講習会や研修会を開催しています
    本会や各都道府県医師会は、新たな専門医の仕組みに関連して「共通講習」なども開催しています。
    さらに、認定産業医指定研修会をはじめ、各都道府県の医師会と協力して、各種の講座や講習会、実地研修などを開催し、会員の皆さまに生涯学習の場を提供しています。
  • 雑誌やビデオを通じて、最新医療情報をお届けします雑誌やビデオを通じて、最新医療情報をお届けします
    本会の刊行物として「日本医師会雑誌」、「日本医師会雑誌特別号」および「日医ニュース」を会員の皆さまに配布しています。またラジオ番組(ラジオNIKKEI「医学講座」)も制作しており、つねに最新の医療情報をお届けしています。
  • 5万点以上の医学書、専門雑誌を揃えた医学図書館を利用できます5万点以上の医学書、専門雑誌を揃えた医学図書館を利用できます
    会館内の医学図書館を自由に利用できます。約6万8千点の医学関連図書および国内外の雑誌を揃え、貸し出しのほか、文献調査や複写サービスも行っています。

日本医師会について

日本医師会は、医師の医療活動を支援する、民間の学術団体です。各種の調査・研究や国際交流などを通じて、
これからの医療のあり方を考え、よりはたらきやすい医療環境づくりをすすめています。
ここでは、日本医師会の趣旨をご理解いただくために、主な活動を取りあげました。日本医師会は、あなたのご活躍を期待しております。

日本医師会の様々な活動

  • 災害医療チーム"JMAT"を創設し、東日本大震災・平成28年熊本地震では、 全国の医師、医療従事者の方々の協力により、多数のチームを被災地に派遣しています。
  • 世界医師会(WMA)、アジア大洋州医師会連合(CMAAO)に加盟し、ネパールの医療協力に参加するなど、世界の医療水準の向上を図っています。
  • 医師の生涯学習の場として最大の「日本医学会総会」の後援や各種シンポジウムを開催しています。

日本医師会への入会方法について

医師であれば誰でも日本医師会へ入会できます。
入会の手続きは、地元の郡市区等医師会を通じて行うことになります。まずはお近くの郡市区医師会にお訊ねください。

お近くの医師会を探すお近くの医師会を探す
お近くの郡市区医師会で入会手続きをする 入会申込 都道府県医師会に入会 入会申込 日本医師会会員

会員数 168,533人(H28.12.1現在)

日本医師会 会員の声

  • 医師A
    医師会に入会していて良かったと思ったある事件。
    10年前大腸内視鏡で、ポリぺクトミーをしたところ、翌日に穿孔し患者さんは救急で近くの総合病院に入院し、翌日には外科で手術になりました。すぐに病院にお詫びに伺い起り得る合併症であることを説明しましたが、患者さんには納得していただけず、退院後に喫茶店でお会いしたところ損害賠償請求を受けました。初めての事でうろたえ、診療にも差し支えがでそうな状態でしたが、県医師会の顧問弁護士に相談したところ「先生はもう患者さんに会って交渉しなくても良いです。私が代理人として交渉しますから」とおっしゃって下さり、県医師会の自賠責保険で全て解決しました。後にその患者さんからもお礼を言われたので良い解決法であったと思います。医師会に入会していて本当に助けられた出来事でした。(60代男性)
  • 医師B
    勤務医なので医師会とはあまり関係ないと思っていましたが、現在勤務している病院で初めて医師会に入り、広報誌などからさまざまな情報を得たり、日医の活動を知るようになり、医師の仕事を続ける限りは日医会員でいる必要があると分かりました。
    もっと早く入っていても良かったと思います。(40代男性)
  • 医師C
    医師会を通じて学校健診にたくさん行かせて頂いています。健診自体は生徒さんと話す時間もない慌ただしいものです。
    中学生の喫煙の問題について先生方と話すうち、年1回喫煙防止教育の授業にボランティアで行くようになりました。中学生になってからでは手遅れとの説もあり、小学校にも呼ばれたら行っています。
    地域の健康を守る活動をこのような形でできることがとても楽しく励みになっております。
    (40代女性)
  • 医師D
    2001年、開業以来日医に正会員として入会させて頂いております。
    日医ニュースや日医雑誌により最先端情報を毎月知らせて頂く他、各種講演会等の企画参加で本来の自分の専門外の知識を得ることができ、ありがたい限りです。
    保険制度改正等もいち早くお知らせ頂けるので、迅速な対応ができております。今後ともよろしくお願い申し上げます。(60代女性)
  • 医師E
    地方で開業していますと中央や全国での医業に関する情報が入りにくいのですが、会員でいますと、日医ニュースや会員宛ての会誌等でより早く手に入れることができますので助かっています。
    (50代女性)

横倉会長メッセージ

日本医師会会長 横倉義武

日本医師会会長の横倉義武です。
日本医師会は、「国民の健康を守る専門家集団」として、医療現場からの意見を基に、さまざまな政策をまとめ、国に対して提言を行っています。
現在は約17万人の会員がおりますが、残念なことに、医師全体に占める日本医師会の会員の割合は約6割となっています。
皆さんの中には医師会の活動をご存じない方も多いかも知れませんが、医師会は学校保健や産業保健など、地域医療における様々な場面で大きな関わりを持っています。
また、会員の皆さんには、万が一の事故にあった場合に備えた「日本医師会医師賠償責任保険」、現役引退後の生活をサポートする医師年金、医師の生涯教育をお手伝いする各種の研修会事業、ホテル宿泊の際の割引制度、ハーバード大学と協力の下に行っている留学制度など、様々なサービスも行っています。
超高齢社会を迎える中で、国は各地域において、地域包括ケアの構築を進めていますが、それをうまく機能させていくためにも、人と人とのつながりが大変重要になります。日頃、医師会活動に参加することで、お互いの顔を知っていれば、その連携もよりスムーズにいくのではないでしょうか。
医師会に入会されていない方の中には、医師会のことを悪く言う方もおられますが、ぜひ、そのような方達には医師会に入会して頂き、内部から医師会を改革して頂きたいと思っています。
一人ではできないことでも、多くの同志が集まれば実現できることが必ずあるはずです。
日本医師会では、さまざまな違いを超えて、「日本医師会綱領」の理念の下に大同団結する中で、多様な声を活かした活動を推進していきたいと考えています。
ぜひ、皆さんの入会をお待ちしています。

「日本医師会」入会に関するQ&A

  • 「日本医師会」とはどんな団体ですか?
    1916年に、医道の高揚、医学教育の向上、医学と関連科学との総合進歩、医師の生涯教育などを目的として北里柴三郎博士らによって設立されました。1947年に社団法人となり、以後、医療に関するさまざまな活動を行っています。
  • 「日本医師会」の会員数はどれくらいですか?
    本会は、47の都道府県医師会から構成されており、それぞれの医師会は独立した法人組織になっています。
    日本医師会に加入している会員は、現在約16万8千人にのぼり、その内訳は開業医約8万4千人、勤務医約8万4千人(平成28年12月1日現在)です。
  • 医師なら誰でも入会できますか?
    医師であれば、専門等に関わらず入会することができます。
  • 入会方法を教えて下さい。
    まず地元の医師会(郡市区医師会または大学医師会など)ならびに都道府県の医師会に
    入会していただくことになります。その上で、日本医師会への入会の手続きを行って下さい。
    詳しくは、医療機関所在地の郡市区医師会にお問い合わせください。
  • 会費はいくら引き下がったのですか?
    A②(B)会員(30歳超)は14,000円減、A②(B)会員(30歳以下)は43,000円減に、
    A②(C)会員は18,000円減となります。
    詳細はこちらをご覧ください。
  • ホテル宿泊の際の割引制度があると聞きましたが?
    日本医師会では、24のホテルおよびホテルチェーン(全国520超のホテル)の協力を得て、日本医師会会員のための宿泊割引制度を実施しております。さらにご家族方はこちらのFAX用紙をご利用いただけます。