日医電子認証センター

MISSION

全ての医師へ医師の資格を証明する医師資格証の普及促進活動を行います。

保健医療福祉分野の公開鍵基盤(HPKI)の事業発展と安定した運用を行います。

医師資格証の利用シーンの拡大を図ります。

医師資格証について国民の認知度向上を図る活動を行います。

日本医師会電子認証センターの事業内容 医師資格証(HPKIカード)の発行事業

医師資格証とは

  • 厚生労働省が定める「保健医療福祉分野PKI認証局(HPKI)証明書ポリシ」という基準に則って運営される日医認証局が発行するHPKIカードです。
  • 提示することで医師の資格を証明する身分証として活用できます。(一部申請等未対応)
  • カード内蔵のICチップに格納する電子証明書により、電子署名やログイン認証など医師資格保有者であることを電子的に証明することが可能です。

医師資格証

医師資格証のお申込み

  • 発行申請書、医師免許証コピー、身分証コピー、住民票を日本医師会電子認証センターに郵送してください。書類確認や厚生労働省への医師資格確認等の審査を実施し、医師資格証を発行いたします。

医師資格証のお受け取り

  • 発行完了通知ハガキ、医師免許証原本、身分証原本をお持ちいただき、発行完了した医師資格証を受取希望医師会で受け取ります。

医師資格証のご利用シーン

  • 医師資格証を持つと、以下の用途でお使いいただけます。(今後も用途を拡大する予定です)

身分証としての利用シーン

  • 採用時の
    医師資格確認

  • 災害時の
    医師資格確認

  • JAL DOCTOR
    登録制度への
    申し込み

ITでの利用シーン

  • 診療情報提供書や
    電子処方箋、
    治験データ等への
    HPKI電子署名

  • 日医生涯教育制度
    など、
    各種研修時の
    出退席時受付

  • 医師資格証
    ポータルサイトを用いた、
    各種研修の
    受講履歴・単位管理

  • 地域医療
    連携システム
    への
    ログイン認証

  • MEDPost
    (文書交換
    サービス)
    の利用

日本医師会電子認証センターの事業内容 医療認証基盤の整備・運用事業

  • 日本医師会電子認証センターでは、「医療認証基盤」というサービスも提供しています。この医療認証基盤は、情報へのアクセス時のシングル・サインオン(SSO:Single Sign-On)の機能を提供します。
  • ホームページには、ユーザー専用ページなど、ログイン認証(IDとパスワードやICカード認証を用いた認証、以下、「ログイン情報」)を必要とするものがあります。
    特に、医療分野では医師などの資格者に限定して情報を提供することが多く、ログイン認証が必要なものが多く見られます。したがって、利用者は、それぞれのホームページのログイン情報を覚えておく必要があり、例えば10ヶ所のホームページがあれば、10回ログイン情報を入力する手間が生じてしまいます。
    これを、一度ログイン情報を入力すれば、その後は同じ情報を入力しなくてもホームページ間で連携してログイン情報を受け渡す仕組みがあり、この仕組みのことをシングル・サインオンと呼んでいます。

様々な医療分野の情報システム

  • このシングル・サインオン機能を活用することで、本センターから発行する医師資格証を用いれば、確実で、かつ安全・安心な統一的なログインが可能となります。
    なお、この仕組みを地域医療連携などで使う場合、日本医師会電子認証センターで提供しているログイン情報を受け取る地域側のシステムの構築が地域毎に必要になります。
    日本医師会電子認証センターでは、その構築に係る支援も実施しています。