閉じる

平成31年(2019年)2月5日(火) / 南から北から / 日医ニュース

コンパニオンバード

 長男、二男が高校を卒業し三男だけが家に残っていた2013年初めの頃、仕事が終わって家に帰るとそれは何の前触れもなく家にいた。近所のペットショップに妻と三男が大好きな犬を見に行って、二人とも一目惚れして買ってきたのはなぜか犬ではなく黄色のセキセイインコだった。
 くちばしに傷がついていたので、二千数百円が1000円にディスカウントされていたとのこと。鳥が1000円で、鳥かごや餌などの備品代が8000円ほどだった。生まれて数カ月経っており、人の手を怖がるので店員さんが手乗りにはならないだろうと言っていたらしい。
 まさかわが家の最初のペットが鳥になるとは夢にも思っていなかった。私の鳥のイメージは、身近なものではせわしなく動き回る雀や狡猾(こうかつ)に逃げ回るカラスであり、また奇妙な首の振り方をして歩き回り、たむろする野鳩の集団であった。つまり鳥をペットとして捉えたことはなく、どのように飼えばよいのかも分からなかった。しかし鳥は、ぺットとして猫、犬、魚に続いて第4位という確たる地位を築いており、セキセイインコに関するいわゆる飼育本は山のようにあるので、これを参考にしながら育てていった。
 三男がPickと名付け、家族の献身的な世話もあって2週間ほどでブランコに乗れるようになり、5カ月目にはかごの外に出ることができて、半年で肩に乗り、ついに手乗りとなった。自分の名前を寝言で話したりするようになり、かごの出入り口を開けておくと自由に出て家の中を飛び回るようになった。
 5年経った今、Pickはメスなので残念ながら言葉を話すことはないが、お茶や水を器に注ぐ音の真似が抜群にうまい。朝は自分が起きていても家人が起きてくるまで鳴くことはなく、我々の食事の準備中は洗った野菜の中で遊び、食事の時はテーブルに飛んでくる。かごはほぼ開けているので、日中は自由に出入りし、ほとんどかごの外にいる。従ってわが家の中は至る所に彼女の糞が落ちている(緩くないのできれいにつまんで取れる)。寝る時間は正確で、20時前後には自分でかごに戻る。我々が出かける時は、「ちょっとお出掛けしてくるから待っててね」と妻が優しく言いながらかごの上に乗せると、自らかごに(ちょっとさみしそうに)戻っていく。車が自宅に戻る音で帰宅に気づき鳴き始める。
 これらの行動は単なる条件反射だろうと思っていたが、調べてみると鳥の脳は高密度の神経細胞で形成されていることが知られており、一説には全ての生物の脳の大きさが人間と同じであったら鳥が一番賢いであろうとも言われている。そしてどのセキセイインコの本を開いても巻頭に「とても賢い、感情豊か、愛情深い、好奇心が旺盛」と書かれている。
 飼い始めた当初は、この30グラムにも満たない生き物がこのように優れた能力を持っているなど想像もしていなかったし、これほどまでに日々の生活に欠かせない愛しい存在になるとは思ってもいなかった。ちょうど子ども達が皆家を出る時期に重なっていたこともあって、夫婦二人でのちょっと物寂しい暮らしの中に大きな潤いをもたらしてくれている。妻と三男の″一目惚れ"には本当に感謝しかない。
 今は動物を飼っている人が皆言うように、「うちの娘です」と言って憚(はばか)らないし、まさに「コンパニオンアニマル」(人生の伴侶としての動物)である。
 セキセイインコの寿命は10年程度らしいので、Pickも人生半ばというところ。お互いの行動を理解し合って、健康に気をつけてこれからも楽しい毎日を過ごしたいと思っている。

(一部省略)

秋田県 秋田市医師会報 No.562より

関連キーワードから検索

戻る

シェア

ページトップへ

閉じる