!

ビワの種子を使用した健康茶等に、「がんに効果がある」成分は含まれていません!

  • x ビワ種子茶でがんが治った
  • x 痛みをやわらげる
  • x ビタミンB17

インターネットや書籍ではビワの種子が健康に良い成分であるとする情報が
紹介されていて、ビワの種子粉末やビワの種子を使ったお茶が販売されています。

しかし、ビワの種子に含まれる物質は、がんを治す効果がないばかりか、
健康に思わぬ害を及ぼす可能性があります。

PART 1 ビワの種子で死亡例!?

ビワの種子には、
強い毒性が含まれています。

青酸の大量摂取による
主な症状

  • 死亡
  • 呼吸困難
  • けいれん
  • めまい
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 頭痛

ビワの種子には、アミグダリンと呼ばれる物質が含まれています。このアミグダリンにはシアン化合物が含まれていて、シアン化合物は体内で分解されると非常に強い毒性をもつ青酸を発生するおそれがあります。

青酸は一度に大量に摂取すると、頭痛、めまい、悪心、嘔吐などの中毒症状を起こし、場合によっては、けいれんや呼吸困難になり、死に至ることもあります。

アミグダリンが体内で分解され、
青酸が発生する流れ

CASE 1

<64歳・女性>
重篤な肝障害により死亡

イスラエルで64歳の肝硬変を併発した肝臓がんの女性患者が、3gのアミグダリンを摂取し、深い昏睡、低血圧などを引き起こしました。初期治療の後にいったん意識が回復したものの、重篤な肝障害により死亡。アミグダリンの毒性が肝細胞壊死に関与することが示唆されています。

Leor R, et al.:South Med j. 1986 Feb;79(2):259-60

CASE2

<68歳・女性>
昏睡、痙攣を起こし、
緊急搬送

オーストラリアで68歳の女性がん患者が、アミグダリン3gを摂取した直後に昏睡、痙攣を起こし、緊急搬送され気管挿管と人工呼吸器の処置を受けました。この患者は日常的に1日4,800 mgのビタミンCを摂取していたビタミンCとの相互作用によりアミグダリンが強い毒性を示した可能性が考えられています。

Bromley J, et al.:Ann Pharmacother.2005 Sep;39(9):1566-9.
Epub 2005 Jul 12.

CASE 3

<32歳・女性>
無反応、ショック状態
などの症状で緊急搬送

アイルランドで32歳の女性が、無反応、ショック状態などの症状で緊急搬送されました。低体温、頻脈だが自発呼吸があり、6時間にわたる人工呼吸と陽性変力作用薬の増量を要し、8時間後に回復。患者は乳がんで肝臓に転移、在来治療が不成功だったためインターネットで購入した「ビタミンサプリメント」という名のアミグダリン含有製品を摂取していました。

O'Brien B, et al.:Eur J Emerg Med. 2005 Oct;12(5):257-258

アミグダリンはがんに効かない

  • ガンに効果がある?
  • ビタミン?

アミグダリンは
ビタミンではありません。

ビワの葉や種子に含まれているアミグダリンが「ビタミンB17」と呼ばれていた時期もありましたが、現在ではビタミンであることが否定されています※1。また、「がんに効果がある」という説についてもアメリカの国立がん研究所が臨床研究に基づき否定しています。

ビタミンとは

ビタミンとは「必要量はごくわずかで体内の代謝に重要な働きをしているが、食べ物から摂取しないと特有の欠乏症を引き起こす化合物」です。アミグダリンは代謝に必須な栄養ではなく、欠乏症も報告されていないことから、ビタミンには該当しません。

なぜアミグダリンが
がんに効くと
されてしまったのでしょうか?

1970年代ごろ、アメリカの生化学者Ernst Krebsが、食用として栽培されたものではない野生種のアーモンドから抽出したアミグダリンが、がんの増殖を抑制するとの説を唱え※2、アメリカやメキシコを中心にがんの治療に用いられた時期がありました※3

しかし、アミグダリンの効果を検証した臨床研究の結果、「がんの治療、がんの改善および安定化、関連症状の改善や延命に対し、いずれも効果がなく、むしろ青酸中毒を起こす危険性がある」※1,4,5,6 と結論付けられています。

現在アメリカ国内では、FDA (米国食品医薬品局) によりアミグダリンの販売が禁じられています。

※1. CA Cancer J Clin. 2004 Mar-Apr;54(2):110-8.

※2. J Appl Nutr Vol.22, No.3 and 4, 1970

※3. K.M. Krapp, J.L. Longe, The Gale Encyclopedia of Alternative Medicine, Second Edition, Thomson Gale. (2005)

※4. 米国国立がん研究所ファクトシート(一般用)

※5. 米国国立がん研究所ファクトシート(専門職用)

※6. N Engl J Med. 1982 Jan 28;306(4):201-6.

熟したビワの果肉は安全

なお、ビワの実や加工品など、すべてが健康被害をもたらすわけではありません。ビワの実は熟すとアミグダリンが消失するため、安全に食べることができます。

ビワ果実
  • 熟した果実
  • 安全
  • 種子
  • 注意
  • 種子の粉末
  • 特に注意

PART 3 ビワ(種子もしくは葉)の過剰摂取は危険

注意!注意!ビワ(種子もしくは葉)の
摂取方法

ビワ(種子もしくは葉)を原材料とした健康茶がインターネットの通販サイトなどで売られていますが、そのお茶のいれ方や飲む量によって健康被害に繋がる恐れがあります。

  • 一度に大量に飲む x
  • お湯の量を減らして濃く進出させる x
  • ティーバックの量を増やして濃く浸出させる x
  • 例えば体重60kgの人の場合

    1日1カップ(200ml)で健康に悪影響がでることも

    体重60kgの方がシアン化合物7ppm(7μg/g)を含む飲料200mlを摂取した場合、7μg/g×200ml(=約200g)÷60kg=約23μg/kg体重となり、急性参照用量を超えます。計算上では、丸1日の間に湯のみ1杯分(200ml)を飲めば、健康に悪影響が生じることとなります。

    ※【急性参照用量とは】ヒトがある物質を24時間またはそれより短い時間経口摂取した場合
      に健康に悪影響を示さないと推定される1日当たりの摂取量のことです。

  • 1日1カップ(200ml)で健康に悪影響がでることも

注意!注意!どのくらい
シアン化合物が
含まれているか

国民生活センターがインターネット通信販売の大手ショッピングモールや神奈川県内のドラッグストアにおいて販売されていた、ビワ(種子もしくは葉)を原料とした健康茶4銘柄を任意に選びテストを行いました。

  • 0~10ppm
  • <
  • x

現在、食品衛生法では原則として最終製品で10ppm(10μg/g)を超えてシアン化合物が検出された場合には食品衛生法第6条違反として扱われています。

今回、ビワを原材料とした健康茶4銘柄を調査した結果、ビワの葉を原材料とした健康茶1銘柄はティーバッグに入った内容物(乾燥した状態)のシアン化合物濃度は0.3ppmと、10ppmを下回りました。

一方、種子を原材料とした健康茶3銘柄については、ティーバッグに入った内容物(乾燥した状態)のシアン化合物は160〜660ppm検出されましたが、実際にお湯で浸出した状態でのシアン化合物濃度は1.7〜7.3ppmと、食品衛生法で定められる最終製品での基準となる10ppmを下回りました。

ティーバッグの状態では、
4銘柄中3銘柄が10ppm以上

  • 160~660ppm x
  • 0.3ppm o
  • 160~660ppm x
  • 0.3ppm o

お湯に浸した際には、10ppm以下

  • 1.7~7,3ppm o
  • ティーバックの状態で基準を上回る銘柄でも
			お湯に浸すと濃度が基準以下となる…

※種子を原材料とした健康茶の浸出方法は以下となります。
1. 沸騰水500mlを注ぎ、5分間弱火で煮出した後、室温で15分間放置
2. 沸騰水1Lを注ぎ、10分間とろ火で煮出す
3. 沸騰水140ml注ぎ、室温で3分間放置

※国民生活センターHP報道発表資料

PART 4 食品やレシピにも注意

リコール対象になっている食品

ビワの種子を粉末にした食品では、シアン化合物を高濃度に含むとして回収等の対応が出されているものがあります。回収等が行われているものについては、消費者庁リコール情報サイト等で確認してください。

ビワの種子を使った
レシピにも注意

インターネットには、ビワの果実を食べた後に残ったビワの種子を活用したレシピに関する情報(ビワの種子を使った杏仁豆腐やビワの種子の煮物など)があります。現時点で健康被害の報告はありませんが、ビワの種子を使った料理にシアン化合物が残っている可能性があります。注意してください。

PART 5 健康被害があった場合には

ビワの種子を原料とした健康茶等を摂取し体調に異常を感じた場合には、ただちに摂取を止めて、かかりつけの医師に相談しましょう。そして医師に、健康食品を摂っていることを伝えましょう。

また消費者庁では、消費者ホットライン(全国共通電話番188)を開設しています。気になることがあればご相談ください。

消費者ホットライン 188

公的機関による注意喚起

【農林水産省】 ホームページで「ビワの種子の粉末は食べないようにしましょう」と呼びかけるとともに「ビワの種子を使った料理を食べるときは注意」として、インターネットに紹介されているビワの種子を活用したレシピに関する情報についても注意喚起を行っています。

【厚生労働省】 地方自治体あてに、「ビワ種子粉末について、10ppm(10㎍/g)を超えてシアン化合物(総シアン)が検出された場合には、原則として、食品衛生法第6条第2号(有害な物質を含む食品の販売を禁止)に該当するものとして措置すること」と事務連絡を行いました。

消費者に対しては厚生労働省のホームページなどで情報提供を行っています。

日本医師会は、健康食品で健康被害が生じないよう、国に対して積極的に要望や発言を行っています。

日医会員が健康被害の患者を診察した際には、その情報を集約する健康食品安全情報システム事業を実施しています。

この健康食品は本当に必要かどうか十分に検討し、ご利用には慎重なご判断をお願いします。

注意喚起ファイル1 「プエラリアミリフィカ」を含む健康食品の使用にご注意を 188

【 問い合わせ先 】

日本医師会情報システム課 
TEL:03-3942-6135