あなたのため、そばにいる人のため 禁煙は愛

受動喫煙のリスク

誰かたばこ煙を
吸うだけで
喫煙者
同様リスクあります

  • 他人のたばこの煙を吸うだけで、
    喫煙者と同じ病気のリスクがある
  • たばこの煙は70種類以上の
    発がん性物質を含む
  • 分煙してもたばこの臭いを
    嗅いだだけで健康被害を受ける

喫煙者が吸い込む煙と
同じくらい
周囲の人が
吸い込む煙は有害です

たばこの煙には三大有害物質であるニコチン、タール、一酸化炭素の他にも70種類以上の発がん性物質が含まれています。普段たばこを吸わない人は、たばこの煙に対する感受性が高く、他人の煙を吸うと、少しの量でも大きな健康被害を受けるという報告があります4)。また、2016年8月には国立がん研究センターより、受動喫煙による日本人の肺がんリスクは約1.3倍になることが発表されるなど、受動喫煙のリスクは科学的にも証明されています5)

4)Barnoya J, et al. Circulation. 2005; 111: 2684-98. 5)Hori M, et al. Jpn J Clin Oncol. 2016; 46: 942-51.

たばこの
三大有害物質

  • ニコチン 依存症にさせる作用があります。血管を収縮させ、血液の流れを悪くする作用もあり、動脈硬化を促進させます。
  • タール たばこのヤニの成分。発がん性物質や発がんを促進する物質が数十種類以上含まれています。
  • 一酸化炭素 酸素を運ぶ機能を阻害し、酸素不足を引き起こします。動脈硬化を促進させます。

「たばこ臭がする」と
感じたら、
もう被害にあっています

飲食店などでは、分煙にするためガラスドアで仕切って密閉した喫煙室を設け、出入口にエアカーテンを設置している店がありますが、これでも煙を100%遮断することはできません6)

人が出入りする際には必ず、体にたばこの煙がまとわりついて移動し、有害物質を拡散させるからです。大げさではなく、服や髪の毛、カーテン、家具、壁などからたばこ臭を感じた時には、有害物質を体内に吸い込み、受動喫煙の被害にあっているのです。海外では受動喫煙防止条例の施行によって急性心筋梗塞の入院患者が減少したという事例も報告されています。

6)厚生労働省: たばこ規制枠組条約第2回締約国会議の概要

受動喫煙防止の取り組みに
より、
急性心筋梗塞の
入院患者が減った事例

米国モンタナ州ヘレナ市では、受動喫煙防止条例を施行後6ヵ月間で急性心筋梗塞の入院患者が40%減少。その後、条例が廃止されると入院患者が増大した。

Sargent RP, et al. BMJ. 2004; 328: 977-80. より作成

加熱式電子たばこ
なら、害は少ない?

最近、煙が出ない新しいタイプのたばこが登場しています。その一つが加熱式電子たばこです。たばこの葉を電気で加熱して蒸気を発生させ、ニコチンを吸い込むものですが、日本禁煙学会によると、紙巻きたばこと同様に依存性があり、発がん性物質を含む有害物質を含んでいることが指摘されています7)。健康被害の評価もこれからであり、安全性が証明されたものではないことを知っておきましょう。

7)日本禁煙学会: いわゆる「新しいタバコ」に対する日本禁煙学会の見解. 2016

その他のコンテンツ