閉じる

平成30年(2018年)11月1日(木) / 「日医君」だより / プレスリリース

在外日本人医師向け支援サービス「日本医師会ワールドメンバーズネットワーク(JMA-WMN)」について

 小玉弘之常任理事は、10月31日の定例記者会見で、海外で活躍する日本人医師の活動を支援するためのサービスとして、「日本医師会ワールドメンバーズネットワーク(JMA-WMN)」を開始することを報告し、その概要を説明した。

 同サービスは、横倉義武会長が世界医師会長として各国を歴訪する中、海外で活躍する日本人医師の方々から、最新の医学知識や日本の医療・医師会活動に関する情報を入手したいという要望が数多く寄せられたことを受けて設置されるもの。

 具体的なサービスとしては、日医ホームページ内に「JMA-WMN」専用ページを設置し、本サービスの運営に協力いただく各日本人医師会(サービス開始当初は2団体を予定)を通してID・パスワードを取得した同医師会員が、日医ホームページ内の全ての情報に無料でアクセスできるというもの。

 なお、サービスの開始時期は今年度中を予定しており、日本人医師会の拡充に向けた検討も行っていく。

 小玉常任理事は会見の中で、「本サービスの運営を通じて、各日本人医師会との関係の深化を図り、グローバル・ヘルスを主軸とした日医の国際活動の一層の推進を図っていきたい」と述べ、本サービスの効果に期待感を示した。

関連資料

問い合わせ先

日本医師会総務課 TEL:03-3946-2121(代)

関連キーワードから検索

戻る

シェア

ページトップへ

閉じる