閉じる

令和元年(2019年)12月20日(金) / 南から北から / 日医ニュース

サンタクロースの秘密

 自分が子どもであった頃、年に一度やってくるクリスマスイブの夜は待ち遠しかった。
 なぜなら、サンタクロースからのプレゼントが届くからだ。届いた翌朝には喜びを爆発させて、もらったおもちゃで一日中遊ぶ。なにせ毎年届くプレゼントは自分が欲しかった物ばかりで、サンタクロースは自分の気持ちがよく分かるなあと不思議に思っていたものである。
 ところが、年齢が大きくなるにつれて自然と自分の欲しい物は高額になっていき、サンタクロースの予算をオーバーしたのか、途中から希望どおりの物が届かなくなった。
 届いたプレゼントを見て特に残念に思った年がある。
 私が小学生低学年の時、世にファミリーコンピューター(以下、ファミコン)が登場した。任天堂から発売されたテレビゲームだ。周りの友人はすでに持っていて、両親になかなか買ってもらえなかった私は、よく友人宅でやらせてもらっていた。
 そんなことから、両親にお願いするのではなく、サンタにファミコンを届けて欲しいと思い、その願いを綴った手紙を枕元に置いて寝たが、翌朝起きてみると違うおもちゃが届いていた。どうしてファミコンを届けてくれなかったのだろうと、かなりのショックを受けたことを覚えている。
 それから数年が過ぎて、ある友人宅で遊んでいた時のことだった。それまでサンタの存在を全く疑ったことのなかった私だったが、友人の母親から、「まだサンタクロースを信じているの? サンタなんていないのよ」と正体を聞かされた。
 にわかには信じられなかった私は帰宅後に母親に確認し、母親も幾分か寂しそうな顔をした。ファミコンが届かない理由が分かると同時にひどくがっかりした。
 愕然(がくぜん)とした私が次に取った行動はといえば、妹と弟に自分だけでは抱えられなくなった真実を伝えることである。当時幼稚園児であった弟にそのことを話した時の、サンタはいると信じて疑わない表情を今でもよく覚えている。今となっては、弟には悪いことをしたなと思うのだが、当時は秘密をばらさずにはいられなかった。
 あれから30年以上の月日が流れ、私には3人の子どもがいる。長女は今年5年生である。私がサンタの正体を知った年齢を既に超えているが、サンタの存在を信じきっている。
 子どもが小さい時は何をあげてもそれなりに喜ぶので、プレゼントを選ぶのは楽しかったが、大きくなってくるとリクエストもより具体的になってくるので、サンタはその言いなりである。
 そろそろサンタの正体を教えようかと思うことがあるが、思いとどまっているのは、自分が正体を知った時の当時の何とも言えないがっかりした気持ちがよみがえるからだ。だから自然と正体がばれるまでは、何とかサンタを続けようと思っている。

(一部省略)

広島県 広島市医師会だより No.632より

関連キーワードから検索

戻る

シェア

ページトップへ

閉じる