閉じる

令和2年(2020年)7月29日(水) / 「日医君」だより / プレスリリース

新型コロナウイルス感染症の昨今の状況並びにみんなで安心マークについて

 釜萢敏常任理事は7月29日の定例記者会見で、最近の新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえた見解と感染防止対策実施医療機関が掲示する「みんなで安心マーク」の概要について説明した。

 同常任理事はまず、新型コロナウイルス感染症の感染状況について、「全国的に感染拡大がみられ、新規感染者数が過去最多となる都道府県も増えている。引き続き、新規感染者数の内容をしっかり把握すると同時に、都道府県ごとに感染状況を把握する仕組みを構築することが重要である」と述べるとともに、「いわゆる三密が感染拡大となる要因となることが分かっており、国民には、感染リスクの高い環境を避けることが感染拡大の防止につながることを繰り返し訴えていきたい」とした。

 また、二次感染を起こす要因については、しっかり分析するための指標を国の分科会で検討しているとした上で、PCR検査によりウイルスの排泄量がある程度推測でき、Ct値が高くなって人にうつす可能性が減った場合には、PCR検査が陽性でも二次感染を起こす可能性が低くなるということなども踏まえ、指標を基に踏み込んだ評価を行う方向で、実態把握に努め、国から情報発信していく予定である」とした。

 その他、同常任理事は、次回の分科会等においては、現状から緊急事態宣言を発出する間の中間となるレベル2の段階から更にレベルを上げないための具体的方策や、感染拡大が起こっている場所や業種がある程度特定できる場合には、どう対策を講じていくのかについても議論を行い、具体的に提言する見通しであることを明らかとした。

 続いて、同常任理事は、「みんなで安心マーク」の発行システムについて説明を行い、来週中にも稼働を開始する意向を示した。

 同常任理事は、「これまでの記者会見で何度か説明しているとおり、医療機関に行くことで新型コロナウイルスに感染するのではないか、感染を広げてしまうのではないかという国民の不安を払拭する第一歩として始めるものである」とした上で、日医ホームページから同マークを発行するシステムの流れを解説。取得希望者は、日医ホームページのトップ画面から1.利用規約への同意、2.医療機関名等の基本情報の登録、3.9項目の感染拡大防止チェックリストの選択と取得手続を進めていくことで、申請医療機関名入りの同マーク、及び9項目の感染拡大防止チェックリストの印刷が可能になるとするとともに、「医療機関入口と院内に掲示することで受診者の安心を実現していって欲しい」とし、マスコミ各社にもこの取り組みの周知に関する協力を求めた。

 なお、質疑応答の中で、「みんなで安心マーク」を取得した医療機関の取り扱いについて問われた同常任理事は、今後、リスト化して日医ホームページ上で公表する方向で厚生労働省と合意していることを明らかにした。

戻る

シェア

ページトップへ

閉じる