あなたのため、そばにいる人のため 禁煙は愛

禁煙は身体への愛

たばこ吸うと、
さまざまな健康被害
原因に!

  • 喫煙は百害あって一利なし
  • 新型コロナウイルス感染症
    重症化の
    最大リスク
  • たばこにはニコチン、タール、
    一酸化炭素などの
    有害物質が含まれる

たばこが原因になる病気は、
がんだけではない

喫煙は体の細胞の遺伝子や器官を傷つけ、がんの他、脳卒中や虚血性心疾患などの循環器疾患、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や気管支喘息などの呼吸器疾患、糖尿病などの生活習慣病、さらに歯周病などさまざまな病気の原因になります。
また妊娠中の喫煙は、血流を介しておなかの赤ちゃんにも影響し、早産や低出生体重児などが起こるリスクを高めます。しかも妊娠に気づきにくい初期は、胎児の内臓をつくる細胞が成長する大事な時期ですので、妊娠前から喫煙をやめ、たばこ煙を避けるようにしましょう。

新型コロナウイルス感染症
重症化の最大リスク

世界に感染が広がった新型コロナウイルス感染症については、喫煙が重症化の最大リスクであることが明らかになっています1)。感染して重症化し、人工呼吸器が必要になった人と死亡した人の数は、非喫煙者の3倍以上という報告がありますし、WHOでも新型コロナウイルス感染症対策として禁煙を推奨しています2,3)

1)Liu W, et al. Chin Med J (Engl). 2020 Feb 28.

2)Guan WJ, et al. N Engl J Med. 2020 Feb 28: NEJMoa2002032.

3)WHO. WHO supports people quitting tobacco to reduce their risk of severe COVID-19
https://www.who.int/news/item/28-05-2021-who-supports-people-quitting-tobacco-to-reduce-their-risk-of-severe-covid-19(2021年11月4日接続)

口の中の病気にも
気をつけて!

喫煙していると歯周病にかかりやすいことも分かっています。歯周病が怖いのは、進行すると歯を失う原因になるだけでなく、全身の健康にも影響することです。
その他、ヤニで歯が黄色くなる、ひどい口臭がするなど、美容やエチケット面でもマイナスばかりです。お口の健康のためにも、禁煙したいものですね。

たばこが関係する主な病気

喫煙が喫煙者本人に影響を与える病気は科学的にも証拠があり、喫煙との因果関係が十分にあると推定される病気を「レベル1」、「レベル1」ほど十分でないが因果関係が示唆される病気を「レベル2」として公表されています。

レベル1に分類されている
病気
はレベル2)

(注1)妊婦の喫煙との関連

喫煙の健康影響に関する検討会編:
「喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書」(平成28年8月)より作図

知っていますか?
日本の喫煙による死者は、
毎年12万人~13万人

たばこを吸う人(喫煙者)の死亡率は吸わない人(非喫煙者)より高く、国内で喫煙に関連する病気で亡くなった人は年間で12万人~13万人4)、世界では年間500万人以上と推定されています。さらに、国内の調査では20歳よりも前に喫煙を始めると、男性は8年、女性は10年も短命になることが分かっています5)。喫煙は、一時の至福感と引き換えに、自分の寿命を削っているのです。

4)厚生労働省:健康日本21(第2次)の推進に関する参考資料

5)Sakata R, et al. BMJ. 2012; 345: e7093.

日本人では20歳より前に
喫煙を始めると、
男性は8年、女性は
10年も寿命が短縮します。

早く禁煙すればするほど、
寿命を取り戻せます

35歳~40歳で禁煙すれば喫煙前の余命を取り戻すことができます。また、50歳で禁煙しても6年、60歳なら3年寿命を延ばすことができるといわれています6)。禁煙はいつから始めても遅すぎることはありません。先送りせず、禁煙する気になった時がやめ時です。

6)Doll R, et al. BMJ. 2004; 328(7455): 1519.

たばこによる体への影響

たばこは発がん性物質など数千種類の物質が含まれていますが、その中でも三大有害物質といわれているのがニコチン、タール、一酸化炭素です。
たばこの煙を吸い込むたびに、気管や肺はこれらの有害物質にさらされ、炎症を引きおこしているのです。

たばこの
三大有害物質

  • ニコチン 体内に吸収されると血管を収縮させて血液の流れを悪くします。それが繰り返されるうちに動脈硬化や高血圧となり、心臓や血管に負担がかかることで脳卒中や心血管関連の病気になることもあります。
  • タール いわゆる「たばこのヤニ」のことです。タールが付着した体や服、室内などからたばこ臭が発生しますし、喫煙によって歯が黄色になるのもタールが原因です。発がん性物質や発がんを促進する物質が数十種類以上含まれています。
  • 一酸化炭素 一酸化炭素は酸素と結合する力が強く、赤血球のヘモグロビンが運ぶはずの酸素を奪ってしまうため、体に取り込む酸素が低下し、動脈硬化を促進させます。

その他のコンテンツ