閉じる

令和3年(2021年)6月10日(木) / 「日医君」だより / プレスリリース

新型コロナワクチン接種人材確保相談窓口の設置について

 神村裕子常任理事は6月9日の定例記者会見で、新型コロナワクチンの接種場所が職域・学校にまで拡大していく中で、接種人材の確保に苦慮している企業等からの相談を受け、マッチングした上で人材を派遣する窓口として「日本医師会新型コロナワクチン接種人材確保相談窓口」を、日本看護協会の協力を得て、6月9日付けで設置し、運用を開始したことを報告した。

 同常任理事は、今回、窓口を設置した背景について、(1)日本医師会で設置・運営し、登録している女性医師向けに職業紹介事業を行っている「女性医師バンク」に対して自治体や民間企業から、ワクチン接種の人材確保に関する相談が多数、寄せられていた、(2)ワクチン接種の担い手不足感は、接種に協力する意思を示している医師・看護師等と、人材を必要としている自治体等との間のマッチングの仕組みがうまく機能していないことが障害となっていた、(3)女性医師バンクに登録している女性医師(全国で約2,800名)に意向調査を実施したところ、その内の850名の医師がワクチン接種への協力を申し出た―と説明。

 「今回、窓口を設置したことで、ワンストップで『医師』と『看護師』の両人材の確保相談の受け付けが可能になる」として、その意義を強調した。実際の人材紹介に当たっては、医師の紹介は日本医師会女性医師バンクで、看護師の紹介は各都道府県のナースセンター(4,200名を超える潜在看護職員や教職員がワクチン接種研修を修了し、就業・協力の意向を示している)で対応。本窓口を介してのマッチングには紹介手数料、成立手数料等はなく、無料で利用できるが、接種従事者報酬は実施主体が負担する。

 最後に、同常任理事は、今回の窓口が広く知られることにより、未登録の女性医師や、定年退職等で未就業の男性医師の同バンクへの加入申し込みが促されることに期待感を示すとともに、「企業等からの相談に対し、情報等を提供していきたい」とした。

◆会見動画はこちらから(公益社団法人 日本医師会公式YouTubeチャンネル)

新型コロナワクチン接種人材確保相談窓口

戻る

シェア

ページトップへ

閉じる