医師のみなさまへ

2020年10月19日

新型コロナウイルス感染症

新型コロナウイルス関連感染症【都道府県医師会宛て通知(日本医師会)】はこちら新規ウィンドウでリンクします。

 

日本医師会「みんなで安心マーク」について NEW

『新型コロナウイルス感染症等感染防止対策実施医療機関 みんなで安心マーク』を発行することといたしました。
本マークは、患者さんに対して医療機関が感染防止対策を取り組んでいることを示すための掲示用としてご活用いただけます。

日本医師会 COVID-19有識者会議

 

支援制度

 

参考

 

要望書等

 

新型コロナウイルス感染症への対応に関するQ&A【2020.2.17現在】

(岡部信彦川崎市健康安全研究所長による動画解説)

新型コロナウイルス感染症の患者さんが事前に連絡なく、一般の医療機関を受診する可能性があることから、会内の予防接種・感染症危機管理対策委員会の委員でもある岡部信彦川崎市健康安全研究所長に、その対応方法等について、急遽解説して頂きました。ぜひ、ご活用下さい。



(全体:24分30秒)
Q1 新型コロナウイルスの特徴について教えてください。
 ⇒00分40秒
Q2 わが国における流行状況についてどのようにお考えですか(いつごろまで続くとお考えかも含めて)。
 ⇒02分22秒
Q3 新型コロナウイルス感染症のPCR検査の方針が変わりましたか。
 ⇒06分14秒
Q4 今、医療機関として対応すべきことは何だとお考えですか。
 ⇒09分49秒
Q5 当面の治療方法はどのようなものになりますか。
 ⇒14分35秒
Q6 新型コロナウイルスの迅速診断、ワクチン及び治療薬開発の見通しはいかがでしょうか。
 ⇒16分11秒
Q7 新型コロナウイルス感染症について、現時点での相談・受診の目安が示されたことについていかがでしょうか。
 ⇒18分28秒
Q8 最後に、医療現場で対応されている医師及びスタッフの皆様に一言お願いいたします。
 ⇒23分02秒

>速記録:新型コロナウイルス感染症への対応に関するQ&A

 

中日友好病院からの情報提供

 

日本医師会の意見広告・ポスター

寄附のお願い― 新型コロナウイルス感染症の対応にあたる医療従事者・医療現場への支援に向けて ―

独立行政法人国際協力機構(JICA)新型コロナウィルス関連情報

感染防護具着脱等関連リンク





フェイスシールドの自作方法

 現在、マスクやガウン等の医療用防護具が不足した状況が続いており、先生方も、さまざまな工夫をされていると思います。
 安価な材料でフェイスシールドをつくることができる方法がYouTubeに掲載されておりましたので紹介します。

感染症関連情報トップへ