医師のみなさまへ

2022年4月22日

オンライン診療について

 新型コロナウイルス感染症の流行下にあって、普段から通院されている、かかりつけの患者さんに、電話再診をされた先生もいらっしゃることと思います。
 「オンライン診療入門-導入の手引き」は、電話再診に加え、かかりつけの患者さんに情報通信機器を用いたオンライン診療を行うことを検討されている先生を対象に、はじめの一歩としての情報をとりまとめたものです。オンライン診療を取り巻く状況や、先生方のご意見を元に、適宜、内容を更新してまいります。

必須項目について

①必読:オンライン診療の適切な実施に関する指針【厚生労働省】
(平成30年3月)(令和4年1月一部改訂)

②必須:オンライン診療研修【厚生労働省】
※オンライン診療を行うためには研修の受講が必須です

③オンライン診療の適切な実施に関する指針 改定の概要/動画【厚生労働省】

手引き・動画

◆オンライン診療入門-導入の手引き
◆02_「Google Duoによるオンライン診療
◆動画 Google Duoを利用するための事前準備
※動画内で必要な【02_「Google Duoによるオンライン診療】を開いておいてください。
◆動画 ビデオ通話実施手順
※動画内で必要な【02_「Google Duoによるオンライン診療】9ページを開いておいてください。
◆質問フォーム【日本医師会】
※手引きなどについての不明点は、質問フォームからお寄せください。お問い合わせの多いご質問については、Q&Aを順次掲載してまいります

リンク(参考)

◆オンライン診療に関するホームページ【厚生労働省】

◆医師等資格確認検索【厚生労働省】

オンライン診療を保険診療で実施される先生へ

オンライン診療料関連について、新型コロナウイルス感染症流行下で、診療報酬上の特例的・時限的な対応(以下、「コロナ特例」)がとられてきましたが、令和4年度の診療報酬改定で見直しが行われ、令和4年4月1日から適用されています(令和4年4月現在、コロナ特例についても継続中です)。

◆令和4年度診療報酬改定について【厚生労働省】

◆「令和4年度診療報酬改定の概要」1.個別改定項目について【厚生労働省】
 p.278:①情報通信機器を用いた初診に係る評価の新設
 p.282:②情報通信機器を用いた再診に係る評価の新設及びオンライン診療料の廃止

◆告示「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知)【厚生労働省】
 p.16:別添1「初・再診料の施設基準等」第1 情報通信機器を用いた診療
 p.376-380:基本診療料の施設基準等に係る届出書
 p.381-382:様式1「情報通信機器を用いた診療に係る届出書添付書類」
 p.383-386:様式1の2「情報通信機器を用いた診療に係る報告書(7月報告)」

◆事務連絡「新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その67)」【厚生労働省】
※コロナ特例の取扱いと令和4年度診療報酬改定による取扱いの整理

◆診療報酬改定に関する情報<令和4年度>【日本医師会】
※厚生労働省から発出されたQ&Aや事務連絡について、日本医師会メンバーズルーム内に掲載しています。(閲覧には会員IDとパスワードが必要です。)

◆お問い合わせ先

日本医師会 情報システム課・地域医療課 TEL:03-3946-2121(代)