家で看取る(前編)

環境さえ整えば、亡くなるその時を自宅で迎えることも可能です。在宅看取りを手がける、岐阜県の「総合在宅医療クリニック」の市橋先生に、終末期の在宅医療について伺いました。

「自宅が病室」の総合病院

――内閣府の調査では、「治る見込みがない病気になった場合、どこで過ごしたいか」という問いに対し、「自宅」と答えた人が過半数という結果が出ています。在宅医療の担い手として、それに応えていくことは可能だと思われますか?

市橋(以下、市):ニーズに応えていくのは、決して難しいことではないと思っています。医療機器はコンパクトになり、病院の外でも十分使えるようになりました。電子カルテにより複数の医師で多数の患者さんを診ることができ、携帯電話でいつでも連絡がとれ、カーナビを使えば行ったことのない家にもたどり着けます。こうした技術の発達に伴い、病院の外であっても、質の高い終末期医療を実践できるようになっているんです。

喩えて言うなら、自宅が「病室」、携帯電話が「ナースコール」、道路が「廊下」、つまり地域全体を「屋根のない病院」にしていくことも可能だと思っています。

――病院では、医療資源の集約によって、24時間365日の診療体制を維持していますよね。先生は在宅で、どのように切れ目のない医療を提供しているのでしょうか。

:現在当院には常勤・非常勤合わせて9名の医師、さらに看護師・管理栄養士・言語聴覚士・歯科衛生士・音楽療法士・理学療法士など、合計34名のスタッフが在籍しています。開業医が一人で在宅の看取りまで行うとなると、できる人は限られてきますが、私たちのようにチームで取り組むことで、負担の面からも専門性の面からも、実現可能性は高まると思います。

――確かに、様々な専門性を持つ人がチームを組むメリットは大きいですね。

:在宅医療だからと言って、医学的判断が容易であるわけではありません。私は血液内科をベースにしていますが、他にも外科・泌尿器科・循環器内科・神経内科・緩和ケア・総合診療・精神科・皮膚科など、多様な専門性を持った医師が在籍しているので、難しい判断もチームで行うことができるのです。

――まるで総合病院のようですね。

:在宅医療は、様々な制約があるなかで長期的に行う医療なので、介入の仕方によって患者さんの健康状態には大きな差が出ます。例えば余分な薬が一つ減るだけで転倒がなくなり、患者さんのQOLは大きく改善します。こうした複雑さに対応するために、医師だけでなく、多職種も含めた様々な専門家による「チーム医療」が有効なのです。

過ごしたい場所で過ごせるように

――自宅で療養することは、患者さんにとってどんなメリットがあるのでしょうか。

:病院は基本的には治療する場所であり、生活を目的とした場所ではありません。同室の人の歯ぎしりやいびきでよく眠れない、処置やモニターの音が気になるなど、ゆっくり過ごすのに適しているとは言えません。また、出歩く場所もない、身の回りのことをする必要もない、話す家族もいないといった状況では、昼間もベッドに横になっている時間が長くなってしまうでしょう。夜は睡眠薬で眠らされ、昼間もベッドで横になっているとなると、様々な機能が低下してしまいます。

時折、住み慣れた家に帰ることによって奇跡的に良くなる人がいます。これは「食べて、寝て、出す」という健康にとって基本的な要因が整えられたことで起こる、当たり前の現象なのかもしれません。人は自分が過ごしたい場所で過ごすときに、幸せを感じるものです。生きている時間とは、死んでいない時間ではなく、好きなことをしている時間のことだと思っています。

ご本人やご家族が「自宅でも看取れる」ということを知らなかったり、近くにそれを支えられる医療機関がなかったりすることで、残された大切な時間を望む形で過ごせないことは避けたい。そんな思いで、在宅医療の推進に取り組んでいます。

 

 

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら