患者のため、そして医療従事者のために
より良い制度を作っていきたい
~医系技官 松永 夏来先生~(前編)

松本先生
今回は、臨床を経験した後に医系技官として厚生労働省に入省し、現在は地域医療に関する制度設計や医師の勤務環境改善に携わる、松永夏来先生にお話を伺いました。

医系技官を目指した理由

島﨑(以下、島):松永先生は、臨床を経験後、医系技官として厚生労働省に入省されています。近年では採用試験の実施回数も年2回に増え、医系技官を目指す方も増えているそうですが、先生が入省しようと思った理由を教えていただけますか?

松永(以下、松):私は医系技官になる前、国立がん研究センター中央病院にレジデントとして勤務していました。そこで日々患者さんの診療を行ううち、がんについての教育や啓発を行うことで状況を改善できるのではないかと考えるようになったのです。また、一緒に働く医療従事者の方々が一日中職場にいるような状況を見て、このままでは自分自身も含め、医療提供体制が維持できないのではないかとも感じていました。そこで、制度を変えることで医療界全体を良くしたいと思い、医系技官になろうと決めました。

:素晴らしい視点ですね。多忙な臨床の現場にいると、そうした客観的な視点はなかなか持ちにくいかと思うのですが、何かきっかけがあったのですか?

:レジデント修了後の進路に迷いがあったこともあり、視野を広げるため、できるだけ患者さんや様々な職種の方とお話しする機会を作っていたことが大きかったように思います。また、多くの人と話すうち、自分はがん治療の専門的なことは語れても、医療提供体制に関する質問や、国民の医療への不安にはうまく答えられないことに気付いたのです。とても悔しくて、もっと医療の基本的なことを理解し、自分の言葉で説明したいと思うようになりました。その気持ちが、医療界全体を見渡すことのできる医系技官への関心につながったように思います。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら