シリーズ連載
医科歯科連携がひらく、これからの「健康」④
これからの医科歯科連携を考える(前編)

株式会社ロッテ・日本歯科医師会・日本医師会鼎談

   
この連載では、これまで3回にわたって、医科歯科連携の重要性や、病院や地域での連携の事例を紹介してきました。最終回である今回は、本企画の協力会社である株式会社ロッテ・佃孝之社長、日本歯科医師会・柳川忠廣副会長、日本医師会・今村聡副会長の三者による鼎談を行いました。
   

医科歯科連携の現状と課題

   

今村(以下、今):歯や口腔の健康と全身の健康が大きく関連していることは、少しずつ知られてきているように感じます。今後は、ますます医科と歯科の連携に注目が集まるようになるでしょう。

柳川(以下、柳):近年では、歯周病の治療によって糖尿病の血糖コントロールがしやすくなることや、がん治療の前後の口腔ケアによって在院日数を短くできることなど、様々なエビデンスも出てきており、口腔機能を維持することや口腔内を清潔に保つことの重要性が医科の先生方にも理解していただけるようになってきたと感じています。この十数年間、病院内の歯科医療は減少傾向にあったのですが、近年は増えている地域も出てきました。

:一般の方や医学生には、歯科医師は口と歯だけを診るのが仕事で、医師が診る全身の疾患とは関係がないと思われているかもしれません。しかし、一人の患者さんを診るとき、歯は歯、身体は身体と切り離して捉えることはできません。歯や口腔に関する疾患は全身の疾患に大きな影響を及ぼしているし、その逆も同様です。医学部の教育課程では、歯や口腔の機能と、それらの全身との関わりについて学ぶ機会がほとんどないのが課題です。今後は、例えば在宅療養中の患者さんにとって、食べることがどのように生活に影響しているのか…というようなことを学ぶ機会が必要ですね。

:歯学部でも、在宅医療について座学で学ぶことはありますが、実際の患者さんを前にして学ぶような機会は充分ではないですね。

:医師は患者さんの状態を総合的に診るなかで、歯や口腔に関しておかしいなと思ったら、専門的な知識や技術を持っている歯科医師に積極的にコンサルトしていく必要がありますよね。今後、医師と歯科医師の相互の連携を深めていくためにも、医師会と歯科医師会が協力してネットワークづくりを進めていきたいと考えています。今後は予防や健康づくりの観点でも、医科と歯科の連携が重要になりますね。

:はい。歯科では近年「オーラルフレイル」の予防に力を入れています。オーラルフレイルの症状として、滑舌が悪くなる、軽いむせが起こる、食べこぼす、好んで食べる食品の数が減る、というものがあります。これらが進行しないようにすることで、その後に起こりうる全身の虚弱を予防できると考えられるのです。またオーラルフレイルの予防は、おしゃべりや外見にも関連するので、高齢者のメンタルヘルスの改善にもつながると考えられています。

:フレイル対策は、私も医師として大きな課題だと考えています。というのも、生活習慣病予防のために「メタボリックシンドローム」という言葉が有名になった結果、痩せることばかりが重要視され、逆に高齢者の全身の虚弱が問題になっているのです。栄養状態を良くし、全身の虚弱を予防するためにも、オーラルフレイルについて知ってもらうことは重要です。今後は、医科と歯科の教育面での連携や、国民に向けたプロモーションが必要になるでしょう。

:健康に関するプロモーションとしては、当社でも「8020運動」を長年支援させていただいてきました。今後も、オーラルフレイルなどの分野で、新たな健康づくり運動に関わっていければ嬉しいです。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら