「私がどうしたいか」をしっかり考えよう(前編)


今のうちからできることはありますか?


学生や研修医のうちから、産休・育休など、子育てしながら働くことを支える制度について、ある程度知っておくことは大事なのではないかな。

「女性医師支援が充実しています」といった病院の売り文句を見かけたら、その内容はきちんと見ておくといいと思うよ。一口に女性医師と言っても、仕事に対する考え方も、仕事と家庭のバランスも一人ひとり違うわけだし。

例えば、「給料は安いけど、難しい症例はやらなくていいし、専門医を維持できる程度のライトな働き方ができる」というのが「女性医師にやさしい」職場だと思う人もいるかもしれない。けれど、「子どもを育てながら、医師としてどんどんスキルアップしていきたい」という人にとっては、そういう職場は嬉しくないよね。
そう考えると、必要以上に負荷を減らすのではなく、高いレベルの研鑽を積めるような両立ができることを「女性医師にやさしい」と言うこともできる。

 

ただ、そうは言っても出産自体は女性にしかできないし、それに伴う身体的な負荷には配慮してくれないと困ってしまうから、産休などの制度を安心して利用できることは大事。


「他にも、女性医師向けの当直室があるとか、設備が充実していることを「女性医師にやさしい」と考えている病院もあるね。

「私もこうなりたい!」と思えるようなロールモデルがいるかどうかも重要だね。そういう人がいるということは、自分もそうなれる可能性が高い職場だということだから。

いずれにせよ、自分の仕事に対する価値観をしっかり意識したうえで、どういう職場が自分のバランス感覚に合っているかを考えていくことが必要だと思う。これは女性だけではなくて、男性にも言えることだよね。

 

Q15 あなたはこれまで、育児休暇・産前産後休暇をはじめとする 「労働者の働き方を支える制度」について、知る/説明を受ける機会がありましたか?

(クリックで拡大)

 

 

A先生
4年目・子ども1歳・時短

 

B先生
7年目・専門医・妊娠中のため当直免除

 

C先生
7年目・妻も医師で育休中

 

D先生
10年目・専門医・子ども4歳・フルタイム