withコロナ時代の医学教育
〜コロナ禍での臨床研修と研修病院選び〜(前編)

新型コロナウイルス感染症の影響で、臨床研修の様子は例年と様変わりしています。また多くの研修病院が病院見学を中止にしており、医学生の皆さんはどうやって臨床研修病院を選べばよいか、現在のような状況が続くなかで研修が始まったらどうなるのかと不安を感じている人も多いのではないでしょうか。今回は、3名の研修医にオンラインで取材を行い、平常時に研修病院をどのように選んだか、2020年度の臨床研修の様子、自身の経験を踏まえたコロナ禍における研修病院選びのアドバイスなどについて話を聴きました。

 

千田先生
千田 晋太郎


慶應義塾大学医学部卒業
手稲渓仁会病院(北海道)
臨床研修1年目




鈴木先生
鈴木 祥恵


東北大学医学部卒業
中部徳洲会病院(沖縄県)
臨床研修2年目




原野先生
原野 晶仁


岩手医科大学医学部卒業
水戸医療センター(茨城県)
臨床研修2年目



 

人それぞれの研修病院の選び方

――研修病院を選ぶ際、どのような要素に着目しましたか?

千田(以下、千):私は研修医の人数を重視しました。中高大と、大人数で勉強会を開いて楽しく学びあうのが好きだったので、研修でも同期の人数が多いところがいいなと思ったのです。

病院見学は5年生の夏から始め、全国の病院を5か所ほど訪れました。主に研修医の雰囲気や、研修責任者の先生との距離感などを見て回りました。

鈴木(以下、鈴):私は病院の雰囲気を重視しましたが、まずどのような雰囲気が自分に合っているのか知るため、多くの病院を見るようにしました。臨床実習期間はほぼ関連病院に出ていましたし、本格的に研修病院探しを始めてからは、長期休暇を利用して、九州・四国など延べ15か所は見学したと思います。様々な病院を見ていると、病院によって研修医に任される仕事の範囲や深さなどが異なるということがわかってきました。

原野(以下、原):私は茨城県の奨学金を得ていたので、その規定で研修先は茨城県内の医師不足の地域から探すことになりました。外科系志望なので、手技の経験を積みやすいように、同期が多すぎず、救急や外科に強い病院が良いかなと考えました。しかし、臨床研修ではどの病院もしっかりしたプログラムがあるため、どこへ行っても大きな変わりはないとも考え、病院全体の雰囲気も重視しました。

病院見学では職員の宿舎も見学できるところが多く、住環境も決め手の一つになりましたね。また、当直の体制も各病院によって異なるため、研修医へのバックアップやフォローが手厚いかどうかを見たりしました。

――見学に行く研修病院は、どうやって絞り込みましたか?

:私は、茨城県が奨学生向けに開いていたセミナーなどで情報を得ました。また、奨学生同士で情報交換するなど、横のつながりも役に立ちました。

:私の場合、東北大から九州・沖縄地方に行こうとする人が少なく、横のつながりから情報を得ることは難しかったので、基本はインターネットと、自分の足を使って調べました。まず「見学にも交通費を支給してくれる病院」という条件で、検索サイトで絞り込んだ病院に行き、そこを足掛かりに2週間ほど滞在してその地域の他の病院も見学するというような形です。

:私も遠い地域に行こうと思っていたので、研修病院情報サイトのレビューなどを参考にして探しました。