コロナ対応にあたる看護師(前編)

これから医師になる皆さんは、どの医療現場で働いても、チーム医療を担う一員となるでしょう。本連載では、様々なチームで働く医療職をシリーズで紹介しています。今回は、新型コロナウイルス感染症の受け入れを行う名古屋第二赤十字病院で、看護師がどのような課題に直面し、どのようにそれを乗り越えているのかを聞きました。

未知の状況下で直面した課題

――まずは、それぞれの現場における新型コロナウイルス感染症(以下、コロナ)への対応についてお伺いします。直面した課題や困りごとについても教えてください。

佐藤(以下、佐):私の所属する救急外来では、救急車でもウォークインでも、来られた人には必ず感染のスクリーニングを行っています。救急車の場合は、ゴーグル・マスク・ガウン・キャップ・手袋をつけた看護師が対応しますが、ウォークインの人への対応はまず受付事務が行うため、受付前に一度スクリーニングをかけ、一つでもスクリーニングに該当すれば、受付事務はまったく接触せずに、感染対応の看護師に引き継ぐようにしています。早い段階から、受付にアクリル板を設置したり、受付事務は紹介状などの持参物に触らないようにしたりといった対策を行ってきました。

実は、救急外来においては、明確なエビデンスに基づいた感染対応のガイドラインがありません。そのため、スタッフが少しでも安心・安全に働けるシステムを構築していくことは大変でした。正解がわからない不安はありましたが、救急外来はこれまでも他の感染症を受け入れていますし、もともとイレギュラーが多い部署でもあるため、システムの変更にも抵抗なく臨むことができたように思います。

また、保育園から「お子さんを登園させないで」と言われたスタッフもいました。そこでコロナ対応は単身者に限定しましたが、次第に患者さんが増え、今は全員で対応しています。

中垣内(以下、中):私は新設のCOVID-19専用病棟に所属しています。もともとこの病棟は感染症も扱う呼吸器センターでした。コロナ患者の受け入れ初期は、救急外来と同様に選抜された単身者が受け持っていましたが、流行期に入ってからは完全に専用病棟となったため、全員で受け持つようになりました。

不安だったのは、自分が感染してしまうかもしれないこと、無症状の自分が誰かに感染させているかもしれないことでした。特に初期は一般の患者さんと並行して看ていたため、重篤な患者さんへの感染リスクを考えると、プレッシャーが大きかったです。また、スタッフから陽性者が出てしまうと、受け入れ病棟としての機能が止まってしまい、救急外来など至るところに影響が出てしまいます。自分たちだけの問題ではなく、地域の人々の命も背負っているという緊張感は今も続いています。

武藤(以下、武):私の所属しているICU/CCUでは、重症化し、人工呼吸器やECMOが必要となった患者さんに対応しています。部屋はガラス張りの個室で、一般の重症患者とコロナ患者をワンフロアで看ているため、その日にコロナ患者を担当するスタッフは限定されます。初めは単身者が担当に選ばれましたが、今は妊娠しているスタッフ以外は均等に担当するようにしています。

同じ重症患者でも、コロナ患者は先の経過が見えにくく、病状が急激に悪くなることが多いです。どんなに良い看護を提供しても亡くなってしまう方もいて、そのことで大きなストレスを抱えるスタッフもいるため、いつも以上にスタッフの心のケアが必要だと感じます。