専門医への道のり 内科系(前編)

専門医を取得した先輩医師に、これまでの歩みを聴きました。

History

2010年 帝京大学医学部 入学
2016年
(1年目)
東北大学病院 臨床研修 実家が膠原病内科で開業していることもあり、内科系に進むことは決めていた。そのため、内科を多く選択できることが、臨床研修病院を選ぶ決め手となった。
2018年
(3年目)
帝京大学医学部附属病院 
腎臓内科 専門研修
帝京大学大学院医学研究科 入学
専門研修中に大学院にも行ける専門研修プログラムを探していたら、出身大学のプログラムがそれに該当した。
2018年
(3年目)
結婚
2020年
(5年目)
横浜労災病院 腎臓内科 内科専門医制度の地域研修プログラムにて、半年間赴任した。市中病院なので規模は小さいものの、大学病院と同様の症例を経験することができた。
2020年
(5年目)
帝京大学医学部附属病院 
腎臓内科 専門研修
この頃になると、自分の裁量で対処できることが増え、同じチーム内の自分が主治医ではない患者さんにも目を配れるようになった。
2021年
(6年目)
出産 大学院の4年目に、実験のために臨床を持たない期間があり、そこに育児期間を重ねている。

 

落合 文佳先生
帝京大学医学部附属病院 腎臓内科