専門医への道のり 外科系(前編)

専門医を取得した先輩医師に、これまでの歩みを聴きました。

History

2006年 北海道大学医学部 入学 臨床実習で胸腔鏡手術を見て、呼吸器外科に興味を持つようになる。
2012年
(1年目)
国立国際医療研究センター病院 
臨床研修
2014年
(3年目)
東京医科大学病院 
呼吸器甲状腺外科  後期研修
呼吸器外科を単独で学ぶことができる点に魅力を感じ、かつ医局の雰囲気にも惹かれたため、入局を決めた。
2015年
(4年目)
東京医科大学病院
八王子医療センター 呼吸器外科
若手医師が自分だけだったので、指導医と共に、肺がんの開胸手術の術者を多く務めた。またこの頃、外科専門医の筆記試験に合格した。
2016年
(5年目)
東京医科大学病院 
呼吸器甲状腺外科 後期研修
専門医を取得するため、消化器外科を4か月、乳腺外科を1か月、心臓外科を2か月回った。
2017年
(6年目)
外科専門医資格取得
2018年
(7年目)
がん研究会有明病院 
呼吸器センター外科  レジデント
肺がん手術の症例が非常に多い病院で、他の医局から集まった同年代の医師たちと切磋琢磨しながら学んだ。
2020年
(9年目)
東京医科大学病院 
呼吸器甲状腺外科  助教
呼吸器外科手術の術者だけでなく、外来や臨床試験、研究にも携わる。呼吸器外科専門医の取得を目指している。

 

河口 洋平先生
東京医科大学病院  呼吸器甲状腺外科