専門医を養成する仕組み(前編)

専門医制度では、基本領域や基幹施設にかかわらず、専門研修プログラムの質を均一化するための仕組みを整えています。

研修プログラム制を軸とした専門研修

基本領域の専門研修は、原則として決められた年数のプログラムに参加する「研修プログラム制」によるものと定められています。臨床研修修了後、専攻医は志望する基本領域の研修プログラムを持つ施設(基幹施設)に在籍し、研修プログラムに定められた到達目標を達成するために、年次ごと(原則として3~5年間)に定められたプログラムに則って専門研修を行います。

基幹施設になるのは、専門医に必要な、全般的かつ幅広い疾患の症例が豊富に経験できる地域の中核病院等です。ただし、基幹施設は一つ以上の連携施設と「研修施設群」を構成し、専攻医はその中でローテート研修を行うこととなっています。というのも、一つの病院だけで研修を行うと、地域性や医師の専門などにより、研修内容に偏りが出る可能性があるからです。コモンディジーズから専門性の高い症例まで幅広く経験する機会を得られるよう、基幹施設は他の連携施設を必ず作ることが定められているのです。

研修施設群にはそれぞれ、各基本領域の学会に認定された専門研修指導医が在籍しています*。基幹施設は専攻医の研修プログラムを作成し、研修環境を整備する責任を負うほか、専攻医の研修状況等の管理・評価、指導医への助言を行います。

 

*地域医療を考慮して、常勤の指導医が在籍しない施設での研修が必要な場合は、期間を限定するとともに他施設から随時指導を受けられるようにするなど、配慮することが定められています。

 

専門研修期間の勤務施設のイメージ

以下に、ある大学病院の産婦人科専門研修プログラムの一例を示しました。3年間のプログラムの中で、基幹施設である大学病院と連携施設を回りながら、専門医の取得に必要な症例を経験していきます。
各専攻医のキャリアプランや実際の専攻医の人数に応じて、連携施設から研修を開始する場合や、各施設での研修期間を調整したりする場合もあります。
また、希望すれば大学院での研究を並行して行うことができる場合もあります。

ある大学病院の産婦人科専門研修プログラム