本連載は、医師不足地域で働く若手医師に、地域医療の最前線で働くことの魅力についてお尋ねするコーナーです。今回は岩手県立中央病院の畠山翔翼先生、彩花先生ご夫妻にお話を伺いました。

 

岩手県立中央病院の魅力

――お二人はなぜ医師を目指したのですか?

畠山翔翼(以下、翔):私は小児喘息でよく大発作を起こし、夜間救急のお世話になる子どもでした。かかりつけの村田先生という小児科医を慕っていて、夜間や休日でも「村田先生でなきゃ嫌」と駄々をこねることがあったのですが、先生は当番でもないのに駆けつけてくださいました。村田先生は子ども心にヒーローで、村田先生のようになりたいと医学部に進みました。

畠山彩花(以下、彩):私は中高がキリスト教主義の学校で、For Others(他者のために)という教育を受けていました。中学生の頃は、緒方貞子さんに憧れて、難民の支援に関する仕事がしたいと思っていました。しかし、海外で活動することへの不安もあり悩むなかで、ふと「まずは目の前の困っている人に目を向けよう」と思い立ち、医学部を目指すことにしたのです。

――岩手県立中央病院(以下、中央病院)を臨床研修先に選んだ理由は何ですか?

:私は盛岡出身で札幌医科大学に進みました。札幌での生活は楽しく、一時期は札幌に残ろうかとも考えましたが、中央病院の充実した研修システムに惹かれ、ここを選びました。

:私は実家が東京で出身は筑波大学です。病院見学は、岩手から沖縄まで様々な病院へ、合計10か所くらい行きましたが、その中で一番違和感がないと感じたことが決め手でした。また、以前岩手を旅行した時に見た「さんさ踊り」がすごく楽しくて好きだったこともあります。

――中央病院の研修体制について具体的に教えてください。

:中央病院は同期が19人とかなり多く、全国から集まってきた人と切磋琢磨できます。また、感染症科以外のすべての科があり、どの科も研修医への指導体制が整っています。それに、救急搬送件数が多く、基本的にファーストタッチは研修医に任されるため、実力がつきます。

さらに、この病院の特徴として「基幹科システム」があります。最初の3か月半、自分で選んだ科に籍を置き、基礎をじっくり固めることができます。

:加えて、原則1か月間必修となっている地域医療実習が、中央病院では2か月間必修となっています。基幹病院らしく多くの症例を経験できる一方、地域に密着した医療も経験できる、バランスの良さが魅力です。

:岩手には20の県立病院と六つの地域診療センターがあり、それらが県内全域で連携しているという全国的にも珍しい体制です。そのため、大学病院でなくても、たすき掛け研修が可能なところも特徴的ですね。

 

  

(左)小岩井農場の牧草地の中に立つ一本桜。後ろに写るのは岩手山。
(右)自生するフキノトウの雌花。