医学生×新入社員
同世代のリアリティー

コロナ禍で入社して 編(前編)

医学部にいると、同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われています。そこでこのコーナーでは、別の世界で生きる同世代の「リアリティー」を、医学生たちが探ります。今回は2020年春に入社した会社員3名と医学生3名でオンライン座談会を行いました。
同世代

今回のテーマは「コロナ禍で入社して」

今回は、新型コロナウイルス感染症の流行下の2020年春に入社した社会人に集まってもらいました。入社時の苦労やオンライン化に伴う変化などについて、詳しくお話を聞きました。

緊急事態宣言下で入社することに

青木(以下、青):皆さんはどういったお仕事をされているのでしょうか?

森角(以下、森):私は通信系の会社で働いています。総合職で、様々な職種を経験し、キャリアアップしていきます。現在は支店に配属され、中堅・中小企業のお客様の営業担当をしています。

渡邊(以下、渡):IT系の会社のBPOサービス*の部署で営業をしています。具体的には、紙媒体の電子化など、在宅勤務の促進に関する事業をしています。

高谷(以下、高):私は国際物流の会社に総合職として採用されました。弊社では総合職も初めのうちは現場に配属されるので、今はコンテナヤードで働いています。税関への申告やコンテナの管理などの事務の仕事が多いのですが、総合職としてチームをまとめる立場でもあります。

佐藤(以下、佐):皆さんは昨年のコロナ禍で入社されましたが、実際に働き始めたのはいつからでしょうか?

:弊社では4月1日に入社式があり、最初の2日間だけ出社して説明や研修を受けました。その後は自宅待機になり、数日間オンライン研修を受け、会社の業務マニュアルをレポートにまとめるという課題が与えられました。出社は昨年の緊急事態宣言が解除された後からでした。

:弊社では例年、新入社員は社員寮に宿泊し、3週間の集合研修を受けていました。ですが、昨年は急遽白紙となり、代わりに在宅で動画研修を受けました。5月後半からは現在配属されている支店でのオンライン研修を行い、実際に出社したのは61日からです。

:弊社はベンチャー企業なので、もともと新卒の研修カリキュラムなどはありませんでした。さらに私が配属された部署は新卒を受け入れるのが初めてだったので、5月に出社するまで手探りの状況で進んでいったようでした。4月中は、学生に向けて弊社の概要を説明できるようにするという課題を出されました。5月からは部署に配属され、6月から客先で営業活動をするようになりました。

在宅勤務?出社?仕事のやり方

柏原(以下、柏):在宅勤務と出社、今はどちらが多いですか?

:私は現場職なので在宅勤務は難しいです。ここ数か月で少しずつ在宅勤務の環境を整えましたが、できて週1回程度です。出社すると例年通りに先輩から直接仕事を教えてもらえるので、仕事を覚えることが苦にならなかった点は良かったです。

:私も在宅勤務は週1回程度です。本社社員のほとんどは在宅勤務ですが、営業などの現場職はどうしても外出しないといけない場合があるのです。やはり私も、わからないことがあるときに直接先輩に聞けるのはありがたいと感じています。

:弊社はエンジニアなど技術職の社員はほとんど在宅勤務ですが、営業職はお客様に呼ばれることもまだ多いので、在宅勤務への完全な移行は難しいです。僕もやはり、週に一度在宅勤務できれば良いほうですね。

:営業職の方は、在宅勤務のときはどのように仕事をするのでしょうか?

:オンラインツールを使って商談をしています。最終的にはお客様のもとで立ち合わなければならないことが多いのですが、毎回訪問する必要はありません。

:月200件ほど問い合わせがくるので、一社一社訪問するよりも電話やオンラインでのやり取りの方が効率よく進められます。ただ、確かに直接会うほうが話も進むので、一長一短だと感じますね。

*BPOサービス…他社の業務プロセスを外部委託として代行するサービス(Business Process Outsourcing)