医学生×デベロッパー
同世代のリアリティー

デベロッパー 編(前編)

医学部にいると、同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われています。そこでこのコーナーでは、別の世界で生きる同世代との「リアリティー」を、医学生たちが探ります。今回は、デベロッパー業界で働く社会人3名と医学生3名で座談会を行いました。
同世代

今回のテーマは「デベロッパー」

今回は、デベロッパー業界で働く社会人3名に集まってもらいました。どうしてこの仕事を選んだのか、仕事のやりがいは何か、どのようなキャリアを歩むのかなど、詳しくお話を聴きました。

数十億円を手にできる仕事!?

天野(以下、天):まずデベロッパーとは、具体的にどのような仕事なのでしょうか?

大竹(以下、大):もともとDevelop、「街を作る」という言葉から来ており、オフィスビルやホテルリゾート、複合ビルを開発して「街づくり」をする業界です。

安永(以下、安):一般的にデベロッパーの仕事は、まず土地を買うところから始まります。次に、その土地にどのような建物を建てるかを計画し、ゼネコンに建築を依頼します。そして、建物の区画に店舗やオフィスなどを誘致し、その賃料で利益を得るという流れになっています。

田中(以下、田):弊社の主要な収入源はオフィスの賃貸ですが、住宅事業やホテルリゾート事業も行っています。ショッピングモールの店舗の賃貸が中心の会社もありますが、収益性が高いオフィスの賃貸が主な収入源という会社がほとんどですね。

出口(以下、出):土地を購入してからビルを建てるまで、どれくらいの時間がかかるのでしょうか?

:弊社は人数が少ないこともあり、土地を購入してから実際にテナントが入るまで、10年ほどかかります。建築工事自体は3年ほどなので、そこに至るまでの計画に多くの時間を割いています。各部署から選ばれた数人が中心となり、社員全員が一丸となって、長期的なスパンで一つのプロジェクトに取り組んでいきます。

真野(以下、真):大きな額のお金を動かす華やかな仕事というイメージを抱いていましたが、長期的な計画を立てて地道に進めていく側面もあるのですね。

:確かに、不動産の売買を通じて何十億円というお金のやり取りに実際に携わることができる仕事でもあります。そこには、やはりロマンを感じますね。

:僕は新人の時、振り込みのために数十億円の小切手を手に銀行に行ったことがあります。さすがに手が震えましたね。

様々な部署にそれぞれの役割

:社内にはどのような部署があるのでしょうか?

:部署の半分くらいはビルの開発に実際に携わる「フロント部門」と呼ばれるものです。他の部署は人事部や総務部、経理部など、「バック部門」と呼ばれる一般的にどこの会社にもあるようなものです。

:皆さんは現在入社から何年目で、どの部署に所属しているのですか?

:僕は3年目で、フロント部門の住宅事業部に配属されています。主に会社で扱っている賃貸物件の管理をしたり、その運営計画を立てたりしています。

:僕も3年目で、今は経理部で主に会計業務を行っています。法人税や土地・建物の固定資産税の申告・納付をしています。

:僕は1年目で、新人研修中です。弊社では、1年目は年間で三つの部署を3か月ほどでローテーションしながらじっくり業務を学ぶことになっており、今はビル事業管理部にいます。

:配属先はどのように決まるのでしょうか?

:新人研修後に希望の部署を聞かれるのですが、最終的には人事部が決定するため、行きたい部署に行けるかどうかは半々という印象です。とはいえ、人事部も定期的に希望は聞いてくれるようなので、数年後には希望する部署に異動できるということが多いようです。

:現在の部署の仕事には、どのようなやりがいがありますか?

:不動産投資や、賃貸住宅についての基礎知識などを学べることが面白いです。

:僕は経理の仕事にはもともとあまり関心がなかったのですが、経理部に配属されてから、全社の資金の動きを見るという観点から会社を知ることができるようになり、興味深いと思うようになりました。ここに配属されたことで、フロント部門以外の基礎となる部署がしっかりしていないと、会社自体が立ち行かなくなるのだと学びました。

:部署を超えたやり取りはあるのでしょうか?

:全社一丸となってプロジェクトに当たるため、部署間の交流は多いと感じます。全社が同じビルの近いフロアにいるので、立ち話などで仕事以外の話が自然と生まれることも、弊社の良い点だと思いますね。

:社内でチームを組み、野球やフットサルをしたり、スキーに行ったりもします。コロナ禍以前は競合企業と熱い試合を繰り広げていたそうです。