助産師(前編)

これから医師になる皆さんは、どの医療現場で働いても、チーム医療を担う一員となるでしょう。本連載では、様々なチームで働く医療職をシリーズで紹介しています。今回は、春日井市民病院産婦人科の助産師の西澤雪江さんと生田由紀さんにお話を伺いました。

定着した助産師外来

――春日井市民病院産婦人科では、お産に関してどのような取り組みが行われていますか?

西澤(以下、西):当院は総合病院として、正常妊娠から合併症のあるハイリスク妊娠、多胎妊娠まで、幅広く対応しています。

助産師が妊婦健診を行う「助産師外来」や、リスクの低い妊婦を対象に、妊娠から産後まで助産師が主となって担当して自然なお産を目指す「院内助産」を行っています。また退院後の産婦さんに対しては、助産師が24時間体制で赤ちゃんとの生活をお手伝いする「産後ケア入院」を提供しています。

――助産師外来では、妊婦さんとは具体的にどのような関わり方をするのでしょうか?

西:医師は、その責任として多数の妊婦さんの診断を担っています。心配事や疑問とゆっくり向き合う時間はとれないのが現状です。一方、助産師外来は一人につき1時間ほど、日常生活における心配事などをゆっくり聞くことができる環境です。医師の許可があれば妊娠初期・中期・後期に各1回ずつ受けることができ、すべての妊婦さんに最低1回以上、平均2回ほど入ってもらっています。便秘や足のむくみといった、医師には言えなかったちょっとした身体的な困りごとの相談は少なくありません。

生田(以下、生):妊娠初期の妊婦さんには、妊娠に対する思いや、家族構成、病歴、妊娠・出産・育児のサポートの有無などをしっかり聞き取って、ハイリスクかどうかを判断します。

中期は、正常な経過をたどっていても、腰痛や便秘などのマイナートラブルが起こるため、その相談に乗っています。また、無事に出産を迎えることができるように、食事や運動など日常生活面での指導を行っています。

後期は、入院の準備や家に赤ちゃんを迎える準備ができているかなどの保健指導が中心です。

また、妊娠・出産に対する漠然とした不安や家族問題の相談を聞くなど、精神面のサポートも行っています。特に、出産後の養育について妊娠中から支援が必要と認められる「特定妊婦」の方とは、じっくり関わるようにしています。

――助産師外来で得た情報は、他職種とどのように共有するのでしょうか?

:妊婦さんから聞き取った内容は、必要なことはカルテに記録し、場合によっては医師に直接話をしに行きます。便秘など当日中に処方が必要な場合は、すぐに依頼しています。

西:医師から依頼を受けることもあります。助産師外来は開設して10年以上になり、医師もその重要性を認識してくださっているため「この妊婦さんからこういうことを聞いてほしい」といった要望はよく聞きます。

また、妊婦さんに公的な支援が必要だとわかった場合は、保健師やソーシャルワーカーにつなぎます。保健師は、母子手帳が交付された時点で妊婦さんと面談をしており、もともとある程度の情報を持っています。月に一度の連携の会議で情報共有を行っていますが、緊急時には電話をかけて、すぐに家庭訪問をしてもらいます。

 

 

(左)新生児用ベッドでのケアの様子。
(右)助産師外来では助産師自らエコー検査を行います。