医師の男女共同参画
より良い未来を目指して
~瀧原 圭子先生 × 滝田 純子先生~(前編)

今回は、循環器内科医から大阪大学キャンパスライフ健康支援センターに異動し、同センター長を経験された瀧原先生と、日本医師会男女共同参画委員会委員の滝田先生に、これからの女性医師の働き方についてお話を伺いました。

キャリアパスの大きな転機

滝田(以下、滝):今回は、私にとってロールモデルの一人である瀧原先生のこれまでのご経歴について伺い、それを元に、これからの女性医師の働き方について語り合いたいと思います。

先生は2012年より、大阪大学のキャンパスライフ健康支援・相談センター(以下、センター)のセンター長を5年間勤められ、現在もそちらで働いていらっしゃいますが、もともと循環器内科講座に所属されていた先生が、学生や教職員の健康管理に従事されるようになった経緯を聞かせてください。

瀧原 圭子先生

 

瀧原(以下、瀧):私は昨年3月に定年退職し、今はセンターの特任教授という立場です。定年までの37年間は大阪大学に在籍し、最初の20年間は循環器内科医として心臓を専門としていました。しかし17年前に突然、保健センター(当時)のポストのオファーを受けたのです。

保健センターに行くとなると、予防医学、公衆衛生学的な観点での総合内科の勉強が必須のため、自分にできるのかという不安がありました。また、それまで20年に渡って取り組んできた専門から離れることに非常に寂しさを覚えました。とはいえ、来るものは拒まずというのが私のモットーでもありましたし、循環器内科でのキャリアを具体的に描いていたわけでもありませんでした。これも一つのご縁だと思い、オファーをお引き受けすることにしたのです。

:センターのお仕事の内容はどのようなものですか?

:大阪大学に在籍する約2万5000名の学生の健康診断や健康管理をしています。新型コロナウイルス感染症のワクチン接種もそうですが、学生が実習に行くための麻疹・風疹のワクチン接種も大切な仕事です。そして、約8000名の教職員に対しては、センターのスタッフ全員が産業医という立場で健康管理をしています。

センターは全学組織であるため、センター長だった頃は大学の執行部などと直接交渉したり、また総長補佐や副学長を経験し、大学運営にも関わりました。組織全体を俯瞰して様々な決定を下すという、新しい視点を獲得する機会にもなりました。