日本医科学生総合体育大会

オンライン東西医体座談会(前編)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で、2020~2021年度の東医体・西医体は中止となってしまいました。今回は、2022年度の東医体運営本部長と西医体運営委員長の2人が、最後に東医体・西医体を開催できた2019年度に運営のリーダーを務めた2人に、当時の話を聴きました(2022年2月時点)。

 

3年ぶりの開催に向けて

柳田(以下、柳):今回は、東医体・西医体を実施できた最後の年である2019年に運営のリーダーを務められたお二人と、僕たち現運営の二人でお話をしたいと思います。

僕が初めて理事会に参加したのは2020年で、同年に開催予定だった鳥取大会に向けた話し合いをしている時期でした。このとき既に新型コロナウイルス感染症が感染拡大していたため、会議は対面ではなくオンラインで行われ、大会の中止を決定してそのまま終了しました。そのため僕たちは、大会が開催できた年の主管校がどのように動いていたのかを、実際に見たことがありません。

現在は予算の策定と、毎年4月に行っている理事会の調整をしています。この理事会では大会の開催可否を判断するのですが、現在の状況下で果たして大会が開催できるのかどうか、不安に思っています。

真鍋(以下、真):コロナ禍でなかなか先の見通しが立たず、僕も様々なことを不安に感じています。先輩たちに会って教えを請うことができないため、探り探りやるしかないといった状況です。本来ならばできたはずの他大学との交流もなくなり、残念です。

先輩方には、コロナ禍以前の医体の運営がどのように行われていたのかを聞かせていただきたいです。

宮川(以下、宮):僕が運営本部長をしていた時は、様々な土地の他大学を訪れ、何度も対面で会議を重ねました。学生だけでなく、理事の先生方とも交流を深めることができ、貴重な経験でした。直接対面してコミュニケーションを取ることができない今、運営の二人は本当に大変なのではないかと思います。

高島(以下、高):オンラインでのやり取りが一般的になった今だからこそ、余計に当時の経験のありがたさを実感しますね。後輩の皆さんにも受け継いでいってほしいことがいろいろとあるので、当時を振り返ってお話ししたいと思います。

リーダーとしての役割

:まず、東医体運営本部長としての仕事量が膨大で驚いています。これらの仕事をこなしながら、勉強や部活と両立させたお二人は、何か工夫などされていたのでしょうか?

:僕はできる限り、周囲の人を自分の仕事に巻き込むようにしていました。一人で仕事をすべて抱え込むと、いつかパンクしてしまいます。そうならないためにも、日頃から周囲に自分の大変さをアピールしておくことが大事です。また、周りの誰かが困っていたらぜひ助けてあげてください。そうしたことはいつか返ってきて、後々の自分を救うこともあると思うのです。

:自分が競技に出ているときも、他の人が代わりに担当してくれたら運営が滞らないので、役職それぞれの仕事内容を共有しておくことは重要ですね。

また、運営委員会だけでなく、周りの先生方や各都道府県の各競技の協会の方とも事前にやり取りをしておくことも大切です。コロナ禍の今は対面で会うことが難しく、情報の共有も困難だとは思いますが、心に留めておいてもらえたらと思います。

:確かに、僕は一人で抱え込むタイプで、誰かにお願いするくらいなら自分でやってしまえばいいと、ついつい考えてしまいます。周りの人に仕事を割り振るコツがあったら教えていただけるとありがたいです。

:やはり誠心誠意頼み込むことだと思います。そのなかで、信頼して仕事を任せられる人を何人か見つけることができれば、ずいぶん楽になりますよ。

:運営本部長はいざというときに頼られる存在です。そういうときに力を発揮するためにも、周りを頼って割り振る能力が非常に大切になります。そのためにも、日頃から周囲と信頼関係を築いておくことが重要です。