本連載は、医師不足地域で働く若手医師に、地域医療の最前線で働くことの魅力についてお尋ねするコーナーです。今回は福島県の大原綜合病院の佐久間真悠先生と公立岩瀬病院の小鹿山陽介先生にお話を伺いました。

 

 

様々な地域、様々な病院で
様々な人と出会い、医師として成長したい

福島の人々の役に立ちたい

――佐久間先生が医師を目指した理由をお聞かせください。

佐久間(以下、佐):昔から、人と関わる職業に就いて人の役に立ちたいという思いがありました。そのなかでも医師を選んだのは、患者さんから直接感謝の言葉を頂ける機会が多く、役に立っていることが実感できる職業だと思ったからです。

私は福島市で生まれ育ちました。東日本大震災が起こったのは、福島県立医科大学(以下、県立医大)に合格した高校3年生の春休みです。津波による甚大な被害や、放射線に関する風評被害を目の当たりにするなか、学生ゆえの無力さに歯がゆい思いをしました。震災を経て、福島の人々のために働きたいという思いが一層強まったように思います。

――臨床研修は、太田西ノ内病院で行われたのですね。

:はい。臨床研修で医師としての基盤を培うにあたり、様々な先生の考え方や働き方に触れて多くのことを吸収したいと考えていました。そこで、研修病院は、魅力的な先生方がたくさんいらっしゃり、研修医でも多くの患者さんに関われるような病院を探していました。太田西ノ内病院は、そうした条件を備えた理想的な病院だったのです。

――県立医大の循環器内科に進んだ理由をお聞かせください。

:研修するなかで、手を動かすことが好きだと感じ、手技がある科に行きたいと思いました。また、臓器一つではなく全身を診られる科に興味がありました。循環器内科は循環動態の管理など全身を診る科でもあり、カテーテルの手技もあります。救急科とも迷ったのですが、循環器内科の「診断から治療まで自分で完結できる」という点と、県立医大の循環器内科の医局の雰囲気が非常に良かったことが決め手になりました。

――医局のどのような点に魅力を感じられたのですか?

:医局の先生方が、医師として人間として尊敬できる方ばかりだったのです。また、女性医師のライフステージに合わせた支援や、男性医師の育休取得にも理解があるなど、ワーク・ライフ・バランスが重視されている点も非常に魅力的でした。

さらに、医局に所属すれば診療応援という形で県内の関連病院で働くことができることも、私にとっては非常に重要でした。様々な病院で働くことは、自分の経験に直結し、地域医療への貢献にもつながるからです。これまでに診療応援に行った病院は20か所ほどに上ります。

――今後の展望についてお聞かせください。

:将来的にはカテーテル治療の専門性を極めていきたいと考えています。4月からは、大学院に入学すると同時に、東京の病院に2年間国内留学し、カテーテル治療の勉強をする予定です。留学先で学んだ知識や技術を福島に還元していきたいです。

 

 

 

(左)桧原湖のほとりにあるラーメン店の山塩ラーメン。山塩とは、磐梯山の麓にある大塩裏磐梯温泉の温泉水を煮詰めて作られる塩で、裏磐梯地域の特産品。
(右)会津の地酒。福島県、特に会津地方は全国でも有数の日本酒の産地で、酒蔵巡りも楽しめる。