保健所の仕事への理解を深めよう

新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、積極的疫学調査などをはじめ、感染症への対応に関する重要な役割を担う保健所の仕事や機能について、注目が集まることとなりました。

しかし、保健所が担う仕事は、新興感染症への対応だけではありません。平時から、地域の医療提供体制を維持し、人々の健康を守っていくために、様々な仕事を行っています。今回の特集では、架空の保健所を誌面上で見学する形で、保健所の仕事や、保健所で働く医師や多職種の役割の重要性を伝えていきます。

今回の特集記事の編集・執筆にあたっては、長崎県の県北保健所・対馬保健所の所長を兼任されている藤田利枝先生にご協力いただきました。また、保健所が担う仕事のいくつかをピックアップして、それぞれ具体的にどのような取り組みが行われているのかを医学生に調査してもらいました。その結果をまとめた記事も掲載しています。

医師は公衆衛生分野においても非常に重要な役割を担っていますが、保健所などの行政の世界で医師として働く人材は常に不足しています。医学生の皆さんには、ぜひ保健所の仕事や地域保健の重要性についても、理解を深めていただければと思います。

 

NEXT→保健所で働く人たち