好奇心を持って
一日一日できることを精一杯する
~日本眼科医会会長 白根 雅子先生~(前編)

今回は、夫の留学同行や2児の出産を経て開業し、学位も取得され、さらには女性で初めての医会会長となった白根先生に、これまでの歩みや大切にしていることについてお話を伺いました。

見えることの不思議

檜山(以下、檜):白根先生とは中学1年生のときからの大親友で、共に励まし合いながら医師として成長してきました。

女性医師は、しばしば家庭か仕事かの選択を迫られますが、先生は家庭を優先された後でもキャリアアップできることを体現されました。先生のお話に、全国の医学生も大いに勇気づけられることと思います。まずは医師を目指したきっかけをお話しください。

白根(以下、白):物心がついた頃からエンジニアの父に、「将来は職業婦人として活躍しなさい」と言われて育ちました。高校生の頃は漠然と科学者を志していましたが、親友の檜山先生が医学部を受験すると知り、「医療は科学、しかも人を相手とした一生涯の仕事」とひらめいて、私も医学部に進学したのです。

医学部では、ひときわ眼科の授業に引き込まれました。私は絵を描くのが趣味で、「見える」ことの不思議をいつも感じていたことから、迷わず眼科に入局しました。

キャリアを中断して留学

:臨床研修を終えた頃、耳鼻科医のご主人のカナダ留学が決まりました。ご自身のキャリアを中断して同行されることに迷いはありませんでしたか?

:若干の不安はありましたが、夫の研究を見聞きして学ぶことはあるだろうし、新しい世界を見てみたいという好奇心が勝り、迷うことはありませんでした。

夫の研究室のボスはフレンドリーな方で、家族ぐるみで面倒を見てくださいました。そこで、「私も眼科の勉強ができないか」と相談してみたところ、トロント大学の眼科の先生方を紹介してくださったのです。クリニカル・フェロー取得のための推薦状も、広島大学の眼科の教授が快く書いてくださいました。

当時、日本では先進的だった白内障の眼内レンズ移植は、カナダでは標準の術式でした。外国人の私にその手技を学ぶチャンスをくださった教授の寛大さには今も心打たれる思いです。他にも、カナダの多職種の専門性の高さや、混合診療の仕分け方法は勉強になりましたし、レジデントプログラムの精度の高さにも感銘を受けました。

:第一子を出産されたのは留学2年目に入られた頃ですね。海外での出産・育児は大変だったのではないでしょうか。

:カナダは社会全体で子どもを大切にする国です。夫が全面的に協力するのは当たり前で、出産前後、夫は半日勤務で家事・育児のサポートをしてくれました。どこへ連れて行っても赤ちゃんは可愛がられ、育児に困った記憶は本当にありません。

:その後、開業を決意されたきっかけは何でしょうか?

:帰国後は大学病院に戻り、関連病院で勤務しました。第二子を出産したのもこの頃です。それから数年が経ち、開業のお話が来るようになりました。勤務医の仕事に不満はありませんでしたが、自由に診療できることの魅力に加え、地域で患者さんと長く付き合っていくような医療にも関心がありましたので、36歳のときに開業しました。

インタビュアーの檜山先生と共に。

開業医と大学院生を両立

:開業後、14年経ってから大学院に入学し、学位を取得されました。

:勤務医時代、大学に戻って研究をしたいという思いはありましたが、眼科は臨床も大変で、当時の医局では「女性は研究よりもまず臨床だ」という風潮がありました。そんななか、勤務先の病院長から励ましを受け、病院の病理部でささやかながら研究に携わったこともありましたが、その時は学位を取れませんでした。研究に対する悔いを残したくなくて、50歳になる頃に大学院に入ったのです。

時間の調整がつくように、主にデータを扱うようなテーマを頂き、休診日や夕方の時間を使って自分のペースで研究を進めました。子どもたちは県外に出ていて自分の時間があり、夫も協力してくれました。