withコロナ時代の医学教育
〜デジタル教育・シミュレーション教育をハイブリッドした医学教育改革〜(1)

新型コロナウイルス感染症の流行は、医学部の教育にも大きく影響を及ぼしています。今回は、秋田大学の長谷川仁志先生のインタビューをお届けします。今後の医学教育のあるべき姿や、秋田大学におけるデジタル教育とシミュレーション教育をハイブリッドした先進的なカリキュラム構築の取り組み、デジタルデバイスを活用した医師の生涯教育の推進の必要性などについてお話を伺いました。

 

長谷川先生
長谷川 仁志先生


秋田大学大学院 医学系研究科 医学教育学講座 教授
日本医師会生涯教育推進委員会 委員長



 

生涯教育の基盤となる基本的診療実践力を保証する

――長谷川先生は秋田大学で長年医学教育に携わり、シミュレーション教育や医学教育のデジタル化に尽力されてきました。まずは、先生の目指している教育について教えてください。

長谷川(以下、長):医学部医学科では、卒業時にほぼ全員が医師免許を取ります。医学教育の質を保証し、それにより医師免許の質を保証することが社会的に求められているといえます。

日本ではまだ「これだけ素晴らしい内容で教えたのだから、医師として社会貢献できるはずだ」という考えが根強くあります。しかしこれからは、卒業時に達成しているべきコンピテンスが本当に身についていることを保証する方向に、医学教育を改革する必要があるのです。

――医学の進展に伴い、医学生が学ぶ内容も膨大になっています。卒前教育では何をどのように教えるべきでしょうか。

:もちろん、卒前教育で医学のすべてを教えきることはできません。だからこそ、卒前教育と卒後教育をシームレスにつなぎ、臨床能力を生涯かけて育むという生涯教育の観点が重要になります。まず卒前教育では、専門に特化した知識を詰め込むのではなく、どの科の医師にとっても必須となるような、日々の臨床現場における基本的診療実践力を保証することが重要です。そして卒後も、日本医師会の生涯教育制度などによって、実践力を伸ばし続ける必要があります。新専門医制度などの専門教育は、こうした基本的診療実践力を基盤として展開されることになります(図1)。

基本的診療実践力を培っていくためには、知識を伝える一方向性の講義だけではなく、シミュレーション教育等、事例ベースで主体的に学ぶアクティブラーニングが不可欠となります。

また、そうした教育も、やりっぱなしでは意味がありません。実践力が身についたかどうかを評価するプロセスも非常に重要です。知識を問う試験だけではなく、OSCEによるパフォーマンス評価、また講義・実習の出席状況や態度、課題提出状況や内容などを見る態度評価を組み合わせる必要があります。

――シミュレーターは高価で、十分に用意できないという大学も多いのではないでしょうか。

:もちろんシミュレーターは効果的な手段ではありますが、そればかりがシミュレーション教育ではありません。重要な点は、実際の現場や事例、課題を想定し、実践的に学び評価することです。シミュレーションのシナリオは、紙や動画、模擬患者さんなどあらゆる手段が考えられます。また、例えば本学では2年生を対象に、在宅ケアに関わる多職種を教室に招いて、現場の状況を再現しながら学ぶ授業を実施してきました。これも、約130人が同時に現場を擬似的に体験できる、一種のシミュレーション教育だと言えます。シミュレーション教育は特別なものでなく、むしろ日々の学びすべてが臨床現場で生じる重要場面を想定したシミュレーション教育であるべきなのです。

 

(クリックで拡大)