保健所で働く人たち(前編)

ここでは、若手の保健所医師が配属されるような比較的規模の大きい保健所を想定して、どのような体制で業務を行っているかの目安を、保健所や市区町村の地域保健事業に関わる常勤職員の全国統計調査をもとに示します。
※保健所の体制や業務内容、各職種の人数は、都道府県や規模によって異なります。

医師   2人(全国で907人)

各職種を統括し、最終的な意思決定を行う

1.政策や事業の企画立案と調整

事務系職員や保健師などと協力し、医学的知識をもとに地域の健康課題を明らかにして、企画に落とし込み、それを実施する手立てを考えます。医学的観点と行政的観点の双方を理解しながら、地域の医療提供体制の構築や維持をコーディネートしていきます。

2.医学的判断や意思決定

各種調査で示されたデータを集約するなどして、医学的に評価・判断し、対策を指示します。感染症や食中毒、災害などの健康危機が発生した場合は、特に医師の判断の重要性が増します。その他、所長や管理職として、各職種の統括や様々な管理業務も行います。

3.調査の実施・調査方法の検討

保健所では、疫学調査や地域医療の実態調査、食中毒などの発生時の聞き取り調査や施設への立ち入り調査など、様々な調査を行っており、それらは医学的な評価・判断の重要な根拠となります。医師はどのような調査が必要か考え、調査方法を検討します。

4.各機関との調整・関係構築

地域の医療提供体制を守るには、保健・医療・福祉に関わる各機関との調整や関係構築が非常に重要です。こうした業務は保健師なども行いますが、例えば医師会や医療機関との間では、医師同士が医学的観点に基づいた意見交換などを行うことで、よりスムーズに進みます。

保健師   60人(全国で26,342人)

地域保健の要となる様々な実務を担う

1.相談や訪問支援

母子保健や老人保健、精神保健、難病対策といった分野では、当事者の居宅を訪問し、様々な相談や支援を行います。地域全体の状況や、医療・保健・福祉機関に関する情報を熟知し、その知識を活用して、支援の必要な人を適切な機関につなぐなど、きめ細やかに対応します。

2.各種調査に関する業務

積極的疫学調査や健康調査といった分野では、普段から住民と身近に接し、地域の状況などをよく把握している保健師の役割が非常に重要となります。調査対象者や関係者とコミュニケーションをとり必要な情報の聞き取り・収集を行います。

3.地域保健に関する企画立案と調整

保健師は、普段から地域に出向いて相談や支援、調査などを行っていることで、地域の状況や健康課題をよく把握しています。そうした日頃からの知識と各種データを組み合わせ、個別課題から地域全体の健康課題を抽出し、解決のための企画立案や調整を行います。

4.住民への予防的介入や連携

健康に関する啓発活動を企画・実施し、住民が主体的に健康問題を解決できる仕組みを作ります。また、生活習慣病などの発症予防・重症化予防のために情報発信や早期介入を行ったりして、地域全体の健康レベルを向上させる役割を担います。

5.組織横断的な総合調整・指導

全国の保健所の約半数で、「統括保健師」が配置されています。 統括保健師は、保健所の内部や地域の各関係機関・関係者・関係部局と密に連携して、広域的・総合的な調整を行ったり、保健師の行う保健活動を組織横断的に総合調整・推進したりといった役割を担います。

 

※全国における各職種の常勤職員の人数は、厚生労働省政策統括官付行政報告統計室「平成30年度地域保健・健康増進事業報告」による。