医学科高学年
同世代のリアリティー

コロナ禍の先輩医学生 編(前編)

医学部にいると、同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われています。そこでこのコーナーでは、別の世界で生きる同世代の「リアリティー」を、医学生たちが探ります。今回は特別編として、高学年の医学生5名がオンライン座談会を行いました。
同世代

今回のテーマは「コロナ禍の先輩医学生」

今回は、新型コロナウイルス感染症の流行下で臨床実習や病院見学に取り組む高学年の医学生に集まってもらいました。大学生活や実習内容の変化、後輩に対する思いなどを自由に話してもらいました。

コロナ禍での臨床実習

岡田(以下、岡):まずお聞きしたいのですが、皆さんの大学では5年生の臨床実習は通常通りできていますか? それとも、オンラインなどで対応しているのでしょうか? 

私の通う東北医科薬科大学では、昨年の4月中旬から6月頃までの中断期間を除き、ずっと臨床実習を行っています。ただし登校に際しては厳しい規定があり、検温をして37℃以上ある、もしくは風邪の症状が一つでもあれば1週間自宅待機を指示されます。

後藤(以下、後):島根大学は昨年3~6月はオンライン実習を行い、その後一度は対面も可能になったものの、年末年始に再びオンライン実習になりました。オンライン実習は、チュートリアル形式で模擬患者の先生に質問したり、カンファレンスに参加したりするという形でした。オンラインでしか回れなかった科は6年生になれば優先的に回ることができる予定ですが、すべての科に行くことができるわけではないので不安があります。

宮脇(以下、宮):京都大学では最初の緊急事態宣言解除後に授業が再開したのですが、先輩から伺った話では、5年生は当初、ほとんどオンライン形式だったそうです。9月以降になると病棟に出る機会が増えてきて、重篤な患者さん以外とは触れ合うことができたと聞いています。

:聖マリアンナ医科大学では、現在ではおおむね通常通りに実習が行われていますが、教育棟の前に自動で検温できる機械が設置されたほか、学生に消毒用アルコールが配られ、特に一部の病院実習の際は持ち歩くよう指示を受けており、学内でも試験会場の机を拭くのに使ったりしています。また、検温表や提出物など、この機会にかなりデジタル化が進んだと感じています。

なかなか難しい病院見学

:東北医科薬科大は、週平均の感染者数によっては病院見学が禁止される地域があるほか、見学後は自宅待機を命じられるなど大学の対応が厳しく、病院見学に行きにくくなっています。私は県内外で一つずつしか病院見学に行くことができておらず、不安を感じています。

:島根大は、申請をすれば病院見学自体は基本的に可能です。見学から戻った後に抗原定量検査を受け、陰性であればその後は病院実習も可能です。ですが、万が一のことを考えて遠方への見学を躊躇する人も多いです。

:京都大は、例年では5年生の夏に病院見学に行くことになっていますが、昨年のその時期は病院見学が完全に禁止になり、どこにも行けなかったようです。今年の夏にも再び流行があるかもしれないので、4年生は前倒しで病院見学に行くことも勧められているのですが、臨床実習後に行きたいと考える人がほとんどなので、現時点で行く気のある人は少ない印象です。

:僕もまだ病院見学のことは考え始めたばかりですが、見学に行かないことが就職では不利になるのではないかという不安を抱えています。友人の中には研修病院情報サイトなどを使って順調に見学を重ねる人もいる一方、上手くいっていない人もおり、個人差が大きいようです。