第6講 他者と出会い、対話する(前編)

異なる背景の人と協働するために

先生:このゼミでは、チームを運営するうえで基本となる人間観や、学習する組織の重要性、チームで学び合っていくための具体的な方法などについて、概要を紹介してきました。皆さんは、どのような感想を持ちましたか?

:目標を共有してまず行動し、そのうえで試行錯誤したり、心理的安全を確保して率直に意見を言い合える環境を作ったりすることは、部活を運営するときにも取り入れていけるかもしれないなと思いました。

:私は最近、グループに分かれて行う授業などで、人と協働することの難しさを感じていました。このゼミの最初の頃も、「やる気のない人と同じチームになってしまったら、学び合うなんてできない」と思っていたのですが、率先して周囲に働きかければ、個人の行動やチーム全体が変わる余地はあるのかもしれない、と思うようになりました。

:私も、チームに関する考えを見直すきっかけになりました。最初は、リーダーがすべてを判断し、仕事をきっちり振り分けて、着実にこなしてもらうことが良いリーダーシップだと思っていました。でも、確かに今の医療をめぐる状況はとても複雑で、一人の人間がすべてを判断するのは不可能ですよね。メンバー全員で判断し、学び合うチームを作ることが、リーダーの役割なのだと思いました。

先生:様々な気付きや学びがあったようですね。皆さんが医師としてチームを率いるようになるのはまだ先の話ですが、今からでも、チームで協働する場面があれば、今回の学びを思い出してほしいと思います。

ただし、部活や授業といったシーンで協働するのは、同じ大学、同じ学部というかなり似通ったバックグラウンドを持つ人たちです。しかし、臨床現場に出ると、多様なバックグラウンドを持つ患者さんやその家族を前に、世代の異なる医師や他科の医師、異なる教育を受け、異なる専門性を持った多職種、さらには行政や地域の人たちとも協働していくことになるでしょう。

医師という存在は、そうした人たちの中ではとても大きく重いものと捉えられがちです。患者さんの希望や本音、多職種の気付きを聞き取ろうとしても、なかなか率直に話してもらえないかもしれません。だからこそ、心理的安全を確保して、率直に話し合える環境を作っていくことは、これからの医師に欠かせない能力になっていくのではないでしょうか。そしてそのためには、世の中には自分と違う様々な人がいること、自分一人の力だけでは物事は解決できず、他の人の力を借りる必要があることを強く認識している必要があるでしょう。

ですから皆さんには、可能な範囲で、様々な人と出会ってほしいと思います。

医学生は、医師と一般の人の中間の存在として、柔軟な発想で様々な人と関わっていきやすい存在だとも言えます。周囲の人も、学生という立場であれば、親しく関わりやすいかもしれません。ぜひ、医学生という立場でいるうちに、様々な人と出会って対話してほしいと思います。