本連載は、医師不足地域で働く若手医師に、地域医療の最前線で働くことの魅力についてお尋ねするコーナーです。今回は新潟県の新潟大学医歯学総合病院の田中健太郎先生と長岡赤十字病院の嶋俊郎先生にお話を伺いました。

 

 

スポーツ診療を通じて これまで受けてきたことの恩返しをしたい

医師を目指した理由

――嶋先生が医師を目指したきっかけを教えてください。

:私は小さい頃からずっとサッカーに打ち込んできました。大きな怪我を何度も経験し、そのたびにスポーツドクターに助けてもらいました。特に、最初に出会った先生はなでしこジャパンのチームドクターをされていた先生で、非常に印象に残っています。自分が受けてきた恩を他の誰かに還元したいという思いから、整形外科医やスポーツドクターを目指そうと思うようになりました。

――地域枠で医学部に進学した理由をお聴かせください。

:私は順天堂大学に新潟県地域枠で進学しました。私自身は東京出身ですが、新潟は両親の実家があり、幼い頃からよく遊びに行くなじみ深い土地でした。学費の関係で国公立の医学部を目指していましたが、高校3年生の時、順天堂大学に新潟県地域枠が新設されるという情報を父が見付けてきてくれました。それまで順天堂には東京都の地域枠しかなく、自分の代から新潟県の枠が出来たことに縁を感じて受験しました。

――在学中の地域枠ならではの経験について教えてください。

:毎年夏休みには地域枠の学生を集めた夏期実習があります。大学1年生の時は新潟県内の病院を見学し、地域医療の様子を学びました。地域枠の学生には、卒後のキャリアパスは事前に提示されているものの、一般教養課程しか勉強していないような新入生には全くイメージが湧きません。そうした時期に、将来自分が働く場所の具体的なイメージを持つことができたことは非常に有意義でした。同じ新潟県地域枠の他大学の学生との交流も良い刺激となりました。

5年生の夏期実習では佐渡に行きました。正直なところ「離島の医療」というととても大変な印象があり、自分に務まるかどうか不安でした。しかし、佐渡の様子や大きくて設備の整った佐渡総合病院を見て、「ある程度の規模の離島なら大丈夫」と安心しました。このこともあり、臨床研修中には積極的に佐渡行きの希望を出しました。

 

 

嶋先生がプロバスケットボールチーム「新潟アルビレックスBB」の試合で会場ドクターを務めた時の会場風景。