第2講 経営学の理論と人間観の変遷(前編)

テイラーの科学的管理法

先生:経営学は、19世紀末から20世紀初頭に成立した比較的新しい学問分野ですが、その成立に大きな影響を及ぼしたのがフレデリック・テイラーです。テイラーは、最初は製鉄所で働くエンジニアでしたが、次第に様々な工場の現場で管理者として働くようになりました。その経験から、独自の経営管理論を打ち立て、経営コンサルタントとして活躍しました。

テイラーは経験上、工場などの現場が抱えていた問題をよく知っていたので、「労働者にもっと効率よく仕事をさせるにはどうしたらいいか」と考えました。そこで編み出したのが「科学的管理法」です。まず、熟練労働者の作業を観察し、仕事をできる限り単純な作業へと分解したうえで、それぞれの工程の無駄を排除して、最も効率的な作業方法と、それにかかる時間を測定します。それをもとに一人あたりの1日の標準作業量を設定し、それを上回った労働者の賃率をより高く、下回った労働者の賃率*をペナルティとして低く設定することで、労働者の勤労意欲を喚起しようとしたのです*

:その管理法は、どのあたりが画期的だったのですか? 今では当たり前の考え方のように思えますが…。

先生:それまでは、各現場や管理者ごとに、経験や勘、習慣に頼った管理が行われていました。例えば、1日の生産量は目分量で決められていました。また、労働者たちが仕事の能率を上げたことで、賃金の額が高くなると、賃率を一方的に切り下げるなどの行為も横行していたのです。

:それではやる気がなくなりますね…。

先生:はい。労働者たちは、仲間うちで示し合わせて、わざと仕事のペースを落として働くようになっていました。科学的管理法は、観察と測定という「科学的な」手法に基づいて、客観的に生産方法や管理の基準を決めようとしたのです。

この科学的管理法は、様々な企業で採用されました。特に、1903年に設立された自動車会社のフォード社は、科学的管理法をもとにフォード・システムという大量生産方式を編み出して成功を収め、大量生産・大量消費という今につながる社会のシステムの基礎を築きました。

 

*1 賃率…単位あたりの賃金額のこと。労働時間を単位とした時間賃率や、作業量(個数)を単位とする出来高賃率などがある。
*2 岸田・田中(2009), pp.12-14