第3講 変容する過程としての学習(前編)

組織学習への注目

:先生、そういえば、このゼミのテーマは「チームで学ぶ、チームが学ぶ」でしたよね。これまでの経営学の話とそのテーマには、どう関係があるのですか?

先生:現代の経営学では、組織やチームがより良く動いていくためには、学習が不可欠だと考えられているのです。その理由について、アメリカの自動車産業を例に考えていきましょう。

前回、フォード社が科学的管理法をもとに自動車の大量生産を行い、成功を収めたという話に触れましたね。しかしフォード社は、たった20年足らずでゼネラル・モーターズ社(GM)などの企業に追い抜かれてしまいます。一方でGMは、その後約100年間、世界の自動車企業のトップを走り続けます。しかし2008年にはトヨタに抜かれ、翌年には経営破綻を迎えてしまいました。

フォード社とGMの敗因は、時代の変化や自社を取り巻く環境の変化に合わせて、経営方針や組織のあり方を柔軟に変えていくことができなかったという点にあります。フォード社は、T型フォードと呼ばれる小型で頑丈で安価な自動車を大ヒットさせました。10年も経つと、購入できる層には自動車が一通り行き渡り、次は買い替え需要を狙っていかなければなりません。顧客はT型に飽き、「他人とは違う車を持ちたい」と思うようになります。しかしフォード社はその顧客の変化に対応することなく、T型のみを作り続けた結果、幅広い製品ラインナップと頻繁なモデルチェンジを行うGMに買い替え需要をすっかり奪われてしまったのです
*1。一方、GMも大量生産・大量販売や、アメリカらしい大型車の製造という方針に固執し続け、燃費の良い小型車を生産するトヨタに敗北してしまいました。

:画期的な経営方針や革新的な技術があったとしても、時代に乗り遅れてしまうと、世界的な大企業であっても、あっという間に凋落してしまうんですね。

先生:特に、グローバル化や技術革新が進んだ現代では、世の中の変化のスピードも複雑さも増していく一方です。そこで、変化を認識し、組織のあり方を柔軟に変えていく「組織学習」という考え方が注目されるようになりました。組織学習の考え方自体は1960年代に誕生し、ほそぼそと研究が進められていたのですが、1990年代に入って一気に関心が寄せられるようになったのです。

:なぜ30年近く経ってから、急に注目されるようになったのですか?

先生90年代に入ると、多くのアメリカの企業では、少しずつ国際的な競争力が低下していきました。組織学習は、そうした状況を打破し、新たな方策を打ち立てる手段として脚光を浴びたのです。

 

*1 井原(2008), pp.100-104