本連載は、医師不足地域で働く若手医師に、地域医療の最前線で働くことの魅力についてお尋ねするコーナーです。今回は新潟県の新潟大学医歯学総合病院の田中健太郎先生と長岡赤十字病院の嶋俊郎先生にお話を伺いました。

 

 

地域の活性化につながると信じて 地域の一人ひとりを救う

目の前の人を救うために

――田中先生が医師を目指した理由をお聴かせください。

田中(以下、田):私の親が医師で、医師という職業は身近なものでした。また、幼少期から小児喘息や腹痛で悩んでおり、子どもなりに医療の重要性を痛感していました。

実際に医師を志したのは中学・高校時代です。進路に悩んだ時、「人のためになり、かつ将来性がある職業」を進路指導の先生に勧められました。このことがきっかけで、医学部への進学を目標に据えました。

――先生は地域枠で新潟大学に進学していますが、地域枠ならではの経験を教えてください。

:地域枠の学生は、県が主催する毎年の夏期実習に参加します。医学生が医療の現場に入るのは一般的には5年生からですから、それと比べると大きなメリットだと思います。多くの先生方と出会い、地域医療の現場を見ることができました。最も有意義だったのは、地域の患者さんと直接お話しして、新潟の医療の実状を肌で感じられたことでした。

――研修先はどのような理由で選ばれたのですか?

:新潟県は医師不足が深刻な問題となっていることは学生時代から認識しており、地域枠の実習などからも、マンパワーの不足は痛感していました。一日でも早く医師として独り立ちしたいと思い、救急医療に注力している総合病院を選びました。

――呼吸器内科を選択した理由は何でしょうか?

:呼吸器は他の臓器との関連性が強く、総合的な医療を提供する科として最適だと感じたからです。臨床研修を経て、疾患だけを診ていても患者さんを救うことはできないと気付きました。併存症、患者さんの置かれている環境や社会的背景、家族関係など、考えうるすべてを総合的にケアしないと患者さんは幸せにはなれません。専門的・集中的な治療も重要ですが、私は目の前で困っている人を救うため、総合的な診療能力を身につけたいと考えました。

 

  

 

佐渡市の大野亀に咲くカンゾウ。「佐渡のおすすめスポットです。黄色い花が一面に広がる5、6月に訪れてみてください。」