臨床検査技師(医師会の臨床検査センター)(前編)

これから医師になる皆さんは、どの医療現場で働いても、チーム医療を担う一員となるでしょう。円滑なコミュニケーションのためには、他職種について知ることが重要です。今回は、検査を専門に行う職種である臨床検査技師について紹介します。医師会の臨床検査センターにお勤めの丸岡康子さんと木村裕子さんにお話を聴きました。

臨床検査センターとは

――医師会の臨床検査センターとはどのようなものですか?

丸岡(以下、丸):当施設は、医師会が経営している、医師会会員の診療を支援するための共同利用施設です。主に、西宮市医師会診療所内で採取された検体と、医師会会員の開業医から送られた検体の臨床検査を行っています。また、併設の健診施設を訪れた人の心電図や超音波の検査等も行います。

――具体的な検査業務について教えてください。

:肝臓・腎臓などの機能や糖尿病検査などの生化学的検査、貧血の有無や血液疾患などを検査する血液学的検査など、様々な部門に分かれて検査を行っています。他にも、病気の診断などを行う病理検査、感染症の有無などを判定する微生物検査なども行っています。さらに現在は新型コロナウイルス感染症検査のため、遺伝子検査室も整備され、感染拡大の防止に尽力しているところです。

検査数は一日平均700件で、月に約260医療機関の検査を行っています。

――1日のお仕事の流れは、どのようになっていますか?

木村(以下、木):午前中は主に、機械の立ち上げや精度管理をしていますが、緊急の検査があれば迅速に行います。昼頃に市内の各医療機関から回収された検体が到着しますので、夕方までに検査を済ませ、緊急検査は報告します。細胞診検査や微生物検査などは時間がかかるため、数日ほど時間を要します。

医師会共同利用施設として

――医師会の臨床検査センターは、病院内にある検査室とはどう違うのでしょうか?

:病院内の検査室だと、検査技師も患者さんのカルテを参照しながら検査することができますが、私たちはそういった情報を得ることはできません。ですが、普段から様々な医療機関からの検体を見ているため、その知見をもとに、身体所見ではわからなかったことをデータから発見するということもあります。

:また、医師会共同利用施設では、特定健診やがん検診などの行政健診(検診)も行っているので、地域の医師たちと連携して地域住民の健康を守っているという特色があります。

――西宮市医師会診療所臨床検査部として、独自に行っている取り組みなどはありますか?

:西宮市医師会では子どもの心臓検診・腎臓検診に特に力を入れています。この検査は、子どもたちに直接会うことができ、またデータを見ながら付き添いの保護者とお話しすることもできるため、地域の方々をより近くに感じられる機会になっています。

:検査が済んで診断が下りると、子どものその後についての審議会が開かれます。兵庫医科大学の小児科の医師や、かかりつけ医、教育委員会、学校の先生や養護教諭などと一緒に、子ども一人ひとりの今後の生活形態に関する話し合いをします。このような形でチームとして取り組んでいる臨床検査センターは、全国でも少ないようです。

 

(左)現在は新型コロナウイルス感染症のPCR検査も行っています。
(右)医師が直接、検体を持参することもあります。