第4講 「学習する組織」とは(前編)

センゲの「学習する組織」論

先生:90年代以降に組織学習論が注目を集めるようになったきっかけとしてアメリカ企業の国際競争力の低下を挙げましたが、もう一つの大きなきっかけは、ピーター・センゲという人物が「学習する組織」の考え方を提唱したことでした*1。今回は、組織学習論の中でも、センゲに始まる「学習する組織」に関する研究をもとに、組織が学習するとはどういうことかについて考えていくことにしましょう。

:組織学習は、それ以前にも長年研究が続けられてきたのですよね。なぜセンゲの考え方が特に注目されたのでしょうか。

先生:従来の組織学習論には、組織学習の定義や組織学習を実現する方法についての統一的な見解は存在しませんでした*2。また、「組織が学習する現象」についての学問的研究が主であり、組織学習がいかに個人学習とは違うものかが強調されていました*3。一方センゲは実務家の立場から、より実践的な組織学習について考えました。そして、「学習する組織をつくることは不可能ではない。なぜなら、私達はみな元来、学習者であるからだ」*4と述べるなど、「学習する組織」は個人学習の延長線上に存在すると考え、「学習する組織」になるためにはどうあるべきかという規範を示しました。このような特徴が、組織の行き詰まりに悩む人々の関心を呼んだのかもしれません。

:この考え方は、前回触れた人の学びのあり方とよく似ていますね。

先生:従来の組織学習論は、学習には組織の既存の枠組みの中で何かを改善していく低次学習と、既存の枠組み自体を見直す高次学習の2種類があるとします。例えば、現場の生産効率のみを上げていこうというものは低次学習にあたり、低次学習ばかりでは結局は時代に取り残されてしまうため、組織の生き残りのために必要となるのが高次学習です。一方で、「学習する組織」論は、低次学習のような学習は想定しません。そして、高次学習のような生き残るための適応学習も超えて、望ましい未来を創造するための能力を伸ばしている組織が「学習する組織」だとします*

:「学習する組織」のあり方のほうが、より魅力的な組織のように感じますね。

 

*1 安藤(2001), p.112
*2 同書, p.112
*3 白石(2009), p.254
*4 センゲ(2011), p35
*5 同書, pp.50-51