日本医科学生総合体育大会

オンライン東西医体座談会 Part2
理事長が見た東医体・西医体(1)

2021年度の東医体・西医体の夏季競技は新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、残念ながら中止が決定してしまいました。今回は東医体・西医体の理事長と共に、今年の運営本部の働きについて振り返ります。理事長たちご自身の学生時代の部活動の思い出も交えながら、座談会形式で話し合ってもらいました(2021年8月時点)。

コロナ禍で、大会理事長として

太田(以下、太):前号では、東西医体の2年連続の開催中止が決定した後、運営メンバーを交えた対談を行いました。そのなかで今後の東西医体の引継ぎへの不安の声が上がりました。そこで、今回は東西の大会理事長の先生方にお越しいただき、大会中止までの経緯や大会の今後についてお聞きできればと思います。

浜岡先生(以下、浜):東京医科大学健康増進スポーツ医学分野の浜岡です。私はもともと大会理事長ではなかったのですが、もともと理事長だった先生が新型コロナ対応の責任者となり多忙が予想されたため、途中から務めることになりました。

太田くんは、以前からユニークな学生だなと思っていましたが、東医体運営本部の活動を通して、仕事熱心な印象を抱くようになりましたね。

:ありがとうございます。僕は以前から浜岡先生には色々とお世話になっていたので、東医体の理事長になると伺ってからは、一生懸命働いている姿を見ていただこうと頑張りました。

大石先生(以下、大):鹿児島大学心臓血管・高血圧内科学の大石です。私はもともと、学生生活委員会の副委員長だったのですが、当時の医学部長から、西医体の大会理事として入ってほしいとお話があり、3年ほど前に引き受けました。当初は「理事の仕事は少ない」と聞いていましたが、ある日「2年後は鹿児島大学が主幹校だから」と言われ、突然理事長を務めることになったという思い出があります。(笑)

理事長としての仕事は、基本的には有馬くんに任せきりでしたが、西医体を開催したい学生たちに対して、我々はブレーキ役となって感染拡大のリスクをどう考えるかを提案する役割でした。有馬くんとも複数回、研究室で話し合いをしましたね。

有馬(以下、有):大石先生のことは、3年生の時の授業でお名前を存じ上げていたくらいでしたが、運営の準備を進めるなかで色々な助言を下さったり、新型コロナウイルス感染症に関する最新情報も逐一教えてくださいました。それを受け、僕たちも早急に感染対策を講じることができ、とてもお世話になりました。

:最初に有馬くんが来た時は、感染制御に関する知識に不安なところもありました。しかし、感染対策マニュアルを作っていく段階で感染症に対する考え方も、大会運営に対する考え方もしっかりしてきたのが伝わりました。大会は中止にすべきだと思うと伝えた時も、真剣な顔で中止の判断を受け入れてくれたのが印象に残っています。

 

1 2 3

 

※競技中の写真は全て2019年以前の大会で撮影されました。