医学生×就職活動をした大学生
同世代のリアリティー

コロナ禍で就職活動して 編(前編)

医学部にいると、同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われています。そこでこのコーナーでは、別の世界で生きる同世代の「リアリティー」を、医学生たちが探ります。今回は2021年に就職活動をし、就職先が内定した大学生2名と医学生3名でオンライン座談会を行いました。
同世代

今回のテーマは「コロナ禍で就職活動して」

今回は、新型コロナウイルス感染症の流行下の2021年に就職活動をし、就職先が内定した大学生2名に集まってもらいました。就職活動のやり方やオンライン化に伴う変化などについて、詳しくお話を聞きました。

就職活動のスケジュールって?

尾関(以下、尾):お二人は、どのような会社に就職が内定したのですか?

山田(以下、山):私はソフトとハードの両方を作る電機メーカーに就職する予定です。大学では、女性差別や貧困などの社会問題を学んでいるのですが、人々の社会基盤を支えることが社会的な課題の解決につながるのかもしれないと考えたのが、メーカーを選んだきっかけです。

阿部(以下、阿):私はゲーム関連会社に就職する予定です。もともとゲームやアニメが好きだったので、自分の興味のある分野で働きたいと考え、就職活動もエンターテインメント関係の企業を中心に行いました。ただ、ゲーム業界は選考の開始が比較的遅いので、この機会に他の業界も見てみようと思い、コンサルティング業界などの選考も経験しました。

永井(以下、永):就職活動はいつ頃から始めたのですか?

:本格的な選考は、3年生の終わり頃の3月1日から始まります。企業説明会や合同イベントが始まるので、学生はそれらに参加したり、エントリーシートを出したりします。

しかし、一般的に学生が就職活動に向けて動き始めるのは3年生の夏頃です。夏休み期間を中心に、インターンシップという就業体験に参加します。実際に企業で実習や研修に近いプログラムを体験することで、自分に合う業界かどうかを見極めます。

業界によってインターンシップの内容は異なっているそうで、私が参加したゲームの関連会社のものは実務に携わるというより、仕事内容を紹介するという形でした。

:私が参加したメーカー系の企業のインターンシップはオンラインで実施されました。商品に関連した社会問題の解決案をグループでプレゼンテーションし、その様子を人事課の方が見て評価を下すという、実践的な内容でした。

4年生の6月頃までには内定先を見つけておきたい、という学生が多い印象があります。

エントリーシートには何を書く?

:エントリーシートは履歴書とは違うのでしょうか?

:志望動機や「学生生活で力を入れたこと」などを書きます。

志望動機は、自分の過去の経験とつなげて書くことが多いですね。ここで、自分の強みとなる部分についても触れられると良いようです。「学生生活で力を入れたこと」については、アルバイトやサークルのことを書く人が多いです。中には自分の経験を大げさに書こうとする人もいるようで、「就職活動の時はバイトリーダーと幹事長が増える」という噂もありますね。

:私は志望動機を書くのに苦労しました。実体験に基づいたエピソードがあれば書きやすいのですが、そうでない場合は会社のホームページでサービスや製品を調べるなど、試行錯誤しました。

:エントリーシートはどのくらいの数を書くのでしょうか?

:応募する企業の分だけ書くので、私は30社分書きました。友人の中で最も多い人は80社、最も少ない人は7社でしたが、2030社が平均だと思います。エントリーシートを出す時期も業界によって多少異なるのですが、3月に重なりがちなので、かなり大変でした。