医療の必要性に応じ、適切な病床を使う(前編)

 

 

日本の病床は「多い」のか?

前述ページで「日本の病床数は多い」という話が出ていました。その根拠としてメディア等でよく引用されているのは、OECDの「日本の病床数は人口1000人当たり13.0床」というデータでしょう。これを見れば、日本は人口当たりの病床数は多いように見えます*1が、総病床数だけを比較してもあまり意味はありません。

:そうなんですか?

:まず、病床には様々な種類があり、日本の医療法では感染症・精神・結核・療養・一般と、病床は5種類に分かれています。日本は精神病床の占める割合が多く、精神病床を除けば他国との病床の差は少し縮まります。また、諸外国に比べて日本ではケアを必要とする人が長期的に生活できる施設が少なく、病床がその役割を担ってきた側面もあります。

:なるほど。それを考慮すると、一時的に入院を必要とする人のための病床数の差はそれほどでもなくなるのですね。

:一般病床と療養病床は、さらに高度急性期機能、急性期機能、回復期機能、慢性期機能の四つに区分されます*2。諸外国では、高度急性期機能+急性期機能と回復期機能を分けて病床数を計上していますが、日本はこれらを区別していません。諸外国の回復期機能の病床数を加えた数字と比較すると、日本が特に多いとは感じられなくなるでしょう*3。

医療分野に限りませんが、データを国際的に比較する際は、各国の社会環境や社会構造の違い、用語の定義やそれを支える制度の違い、データの集計方法・対象の違いなども考慮する必要があります。

 

人口1,000人当たり急性期病床数+リハビリ病床数

 

 

*1 OECDデータでは、人口1,000人当たりの病床数はアメリカは2.9床、ドイツは8.0床とされている。

*2 地域医療構想(→後述ページも参照)上の区分。

*3 人口1,000人当たりの、急性期機能と回復期機能を合わせた病床数は、日本の7.1床に対し、例えばドイツでは8.0床になる。