授業探訪 医学部の授業を見てみよう!【前編】

浜松医科大学「医療法学」

この企画では、学生から「面白い」「興味深い」と推薦のあった授業を編集部が取材し、読者の皆さんに紹介します!

双方向性のある講義で法制度を基礎から学べる!

前期は法の制度論を中心に基礎を学び、後期は医師法や医療法、民事・刑事責任について、身近な事例を通じて学びます。ディスカッションを行うなど学生が発言する機会も多く、緊張感を持って授業に臨めます。

ロールプレイを通じて具体的な判例を学ぶ!

実際の裁判事例を基にした模擬証人尋問を行います。授業の最後には各争点及び判決について自分の判断とその理由を投票するため、自分が当事者になった場合を想像しながら授業に参加できます。

希望者は研究活動に参加できる!

授業内容に興味を持った学生は、希望すれば論文を書いたり学会発表に参加することができます。コロナ禍以前は他大学と共同でリサーチ合宿も行っていました。現在は、論文の勉強会をオンライン上で行っています。

 

1 2 3
(写真左)クイズも交えながら、法制度についてスライドで解説します。
(写真中央)医師兼弁護士の3人が模擬証人尋問を行った際。
(写真右)日本内科学会総会にて学生が発表を行いました。