日本医科学生総合体育大会

コロナ禍の医学部運動部のいま(前編)

コロナ禍で大会の参加経験がない部員も多く、活動にも今なお様々な制限があるなかで練習に励む医学部運動部の皆さんに、現在の活動内容や今後の意気込みについて語ってもらいました(2022年5月時点)。

 

慶應義塾大学
三四会水泳部 4年 藤塚 晴紀

現在、慶應義塾大学では感染対策に十分気をつけながら部活動を行っています。水泳の競技中はマスクを着用できないため、プール内での会話は禁止し、陸に上がったらすぐマスク着用することを徹底しています。下級生は一度も大会を経験したことがないため、モチベーション維持が難しい場面もありますが、部員一同、東医体に向けて日々精進しています。

 

 

北海道大学
医学部スキー部 3年 井口 和彦

夏季は週3~4日、シーズン中は時期や部門によりますが4~6日ほど活動しています。アルペンでは、夏季の部活では身体作りと瞬発力の向上を図り、冬季はコーチに指摘していただいた内容を各々がフリースキーで修正することを意識して練習しています。クロスカントリーでは、ランニングや筋トレ、ローラーやスキーでの技術練習を満遍なく行うことを意識しています。今年も連覇を継続できるよう1年間頑張ります!


 

信州大学
医学部ラグビー部 4年 村上 朔人

信州大学医学部ラグビー部では月・水・金・土の週4日で練習を行っています。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で練習が中断してしまった時期もありましたが、その期間も各々が自分にできることを探してラグビーに向き合うことができました。チーム全体が集まれた今、その自主性がチームをより良い方向に導いてくれると思っています。一つでも多くの試合に勝てるようチーム一丸となって頑張ります。


 

筑波大学
医学バドミントン部 3年 竹村 政澄

筑波大学の医学群では、現在全面的に医学群生の部活・サークル活動が禁止されており、正式な部活動としての活動は昨年の11月から3か月しかできていません。前回大会三冠を成し遂げた先輩方はすでに卒業してしまいましたが、第65回東医体優勝を目指して活動再開後の練習に励みたいです。