交流ひろば

医学生匿名座談会
〜なぜ私たちは東京へ向かうのか〜(前編)

コロナ禍で、医学生同士が集まる機会が少なくなった昨今。
日頃なかなか話すことができない本音を語り合うために、医学生が主体となってオンライン座談会を開きました。

東京に行ったら何をしたい?

出口(以下、出):医学生が卒業後、どのような勤務地を選び、キャリアを積んでいくかは様々です。医学生として、地域医療の重要性は様々な場面で実感することがあると思いますが、その一方で東京などの都市部に人が集まってしまうという事実もあります。今回はそういった現状について考えを深めるために、東京で働きたいと思っている人たちに集まって本音を語ってもらいました。

真野(以下、真):今回集まっていただいた皆さんは、出身地も現在通っている大学も東京ではないけれど、卒業後は東京、もしくは東京周辺で働くことを考えているとのことです。東京で働きたい動機や、今描いている将来のビジョンについて話を聴きたいと思います。

まず皆さんは卒業後、東京で具体的に何をしたいのですか?

医学生A(以下、A):私は東京で人脈作りをしたいと考えています。若手医師として研鑽する時期に、様々な人とのつながりを作っておくことは大切だと思うからです。

医学生B(以下、B:私は将来、臨床のみに携わるのではなく、医師としての専門性と他の専門性を組み合わせて活躍できるような医師になりたいと考えています。今は気になる取り組みをしている病院が東京にあり、そこで研修できればと思っています。

医学生C(以下、C):私は東京の中でも、葛飾区や江戸川区、荒川区などの下町で研修をしたいです。下町には様々な生活状況の方が住んでいるため、幅広い層の患者さんに対応できるようになるのではないかと考えています。

また、憧れの先生が東京にいるため、その先生の下で研修したいです。たとえ卒業後すぐにそれが叶わなかったとしても、関連する病院に勤務できれば、その先生の下で働いていた先輩医師と知り合えるかもしれないので、研修先はなるべく東京で探すつもりです。

医学生D(以下、D):私は卒業後、東京都内の病院で働くことが決まっています。形成外科のマイナーな領域を志望しているのですが、形成外科の大きな医局を持ち、症例数も多い大学病院は東京以外では少ないので、4年生くらいの頃から東京で研修をしたいと考えていました。

東京の魅力って何だろう?

:皆さんの大学では、卒業後に東京周辺へ行く人はどれくらいいますか?

:私は九州の大学ですが、3割ほどが卒業後の研修先として東京周辺の病院を選ぶ印象です。

:近畿圏の大学生は近畿愛が強い人が多いイメージなので、わざわざ上京する人は少ない気がします。

:地方の国立大学などは様々な場所から入学する人がいるため、東京周辺から来た人が卒業後再び地元に戻る、ということもあるのかもしれませんね。

:東京に憧れる医学生が多いのは、どこに魅力を感じているからだと思いますか?

:多くの人が集まっているということがやはり大きいと思います。著名な先生も多くいらっしゃるので、僕は東京に行ったら、地元に戻ったり地方に行ったりしても相談できる、メンターのような先生を見つけたいです。

:東京には様々な人たちが集まるので、多様性のある土地という漠然としたイメージを抱いています。私は今まで東京で暮らしたことがないので、実際はどうなのか一度体験してみたいと思っています。

:Dさんは東京や東京周辺で病院見学をして、様々な人が集まっていると感じましたか?

:私の行った私立大学の附属病院の説明会では、研修医の多くが他の大学の出身者だと聞きました。そのため、私のような地方の国立大学出身者でも比較的過ごしやすいのではないかと感じました。