医学生×総合商社
同世代のリアリティー

総合商社 編(前編)

医学部にいると、同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われています。そこでこのコーナーでは、別の世界で生きる同世代との「リアリティー」を、医学生たちが探ります。今回は、総合商社で働く社会人3名と医学生3名で座談会を行いました。
同世代

今回のテーマは「総合商社」

今回は、総合商社で働く社会人3名に集まってもらいました。どのような仕事をしているのか、仕事のやりがいは何か、どのようなキャリアを歩むのかなど、詳しくお話を聴きました。

総合商社って何をするの?

:まず、総合商社とはどのような業種なのでしょうか?

濱野(以下、濱):総合商社の仕事には、主に次の二つがあります。一つ目は売り手と買い手の取引を仲介して、その際の手数料を利益とする「トレード」、二つ目が他の会社を買収したり出資したりしてリターンを得る「事業投資」です。

木寺(以下、木):従来、総合商社はトレードをメインにしていたのですが、近年メーカーの海外進出が進んだことや、インターネットの普及などで、売り手と買い手が商社を介さず直接取引ができるようになりました。この影響で、事業投資に力を入れる流れができつつあります。そのため「総合商社は投資会社化している」と言われることもあります。

田邉(以下、田):取引の際に総合商社が仲介に入ると、取引相手にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

:総合商社が仲介すると、大きな船をチャーターして大量の商品を一気に輸送したり、輸出入に関わる手続きを一手に引き受けたりすることができるので、雑務に煩わされなくなります。

福田(以下、福):また、お客さんからは普段のやり取りのなかで弊社との取引以外の悩みをお聴きすることも多いのです。そうした日々のやり取りのなかで築いた信頼関係から取引先のニーズを汲み取り、別のお客さんや業界とマッチングさせ、新たなビジネスにつなぐといった提案ができます。

:新しいビジネスを始める際は、計画を立てるだけではなく、私たちも人材や資金を提供します。そういった、共にリスクを取ろうとする姿勢も、ビジネスパートナーとしての信頼につながっているように思います。

宮脇(以下、宮):規模の大きい取引が多く、常に緊張感がありそうな仕事というイメージを抱いていたのですが、実際はどのような雰囲気なのでしょうか?

:普段からお客さんやメーカーの仲介役として気を遣う場面が多いからか、人当たりの良い、優しい社員が多いように感じています。ただ、仕事にストイックな人は多いです。ミーティングなどでは互いに自分の意見を述べ合い、良い成果を生み出そうという環境です。

:上司・部下関係なく、気になった点は互いに指摘し合える、風通しの良い職場ですね。

:労働時間はどうでしょうか?

:残業は少ないです。残業が少なければ少ないほど新しい仕事をもらえるので、全社的に残業をしない体制になっています。残っていると早く帰りなさいと急き立てられることも多いです。

意外と地味!?な日々の仕事

:皆さんは、具体的にはどのようなお仕事をしているのですか?

:僕は入社4年目で、エネルギー関連の部署に所属しています。

:僕は入社3年目で、主にトウモロコシや大豆などの輸入を担当しています。

:僕は入社3年目で、日本のメーカーから金属製品を買い、それを海外の会社に売っています。

:どのような流れで取り引きをするのですか?

:お客さんから「こういう商品が欲しい」と言われたら、その商品を届けるまでが一つのプロセスになります。商品に関するお客さんからの質問や依頼に答えたり、輸出入の煩雑な手続きや、船舶の出荷や船積みの連絡を代行したりと、サプライヤー*やお客さんのお使いのような仕事が多いですね。

:一日の具体的なスケジュールを教えてください。

:時差があるため、朝は海外のお客さんやサプライヤーからのメール、マーケットの情報などを確認することから始まります。夕方になるとリアルタイムでやり取りしたり、海外のプロジェクトの決算を管理したりもします。そういった日々の積み重ねで、大きなプロジェクトを実現させていきます。華やかなイメージを持たれがちなのですが、日々の仕事は意外と地味なものが多いのです。

:お客さんと直接会うことはあるのでしょうか?

:日本のお客さんを海外のサプライヤーのもとに連れて行くことがあります。例えば僕の部署では、海外のトウモロコシの農家さんのもとへ案内したりします。

:僕は来日したお客さんの観光案内をしました。鎌倉や京都などの名所を案内したり、ラグビーのワールドカップが日本で開催されていた時はそのチケットを取って一緒に行ったこともあります。

 

*サプライヤー…製品やその原材料、あるいはサービスなどを提供する事業者。